日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

ライフハック 天気・自然

台風の時の塩害は車にも!車体下部に着いた塩の効果的な落とし方

投稿日:

 

あなたは普段、どこに車を停めていますか?

 

屋根のない駐車場や、自宅の庭に停めている、という人も多いのではないでしょうか?

 

 

黄砂が吹いたり、花粉が飛んできたりすると、車のボディが汚れてしまうこともありますよね。

 

 

特に台風のあとは汚れだけでなく、風で飛んできたゴミなどもついたりして大変です。

 

 

ですが車は台風のあと、もっと気をつけなくてはならないことがあります。

 

 

それは「塩害」です。

 

 

スポンサーリンク

台風のあと放っておくと怖い「塩害」ってなに?

 

そもそも、「塩害」って何か知っていますか?

 

 

台風のとき、強い風が吹いて、海水のしぶきが陸地にも飛んできます。

 

その海水の中の塩分がかかることで、陸地の農作物が枯れてしまったり、金属類が腐食し、錆びることがあるのです。

 

これを「塩害」といいます。

 

 

沖縄など、海に囲まれた地域が影響を受けやすいのはもちろんですが、塩害は、海に近い地域にだけ発生するというわけではありません。

 

風に乗って塩分が飛んでくるわけですから、内陸部でも被害は発生します。

 

 

ですので、たとえ車を停めているところが海の近くではなくても、外に車を野ざらしで停めている場合は、注意が必要なのです。

 

 

台風のあと、車を洗わないでいるとどうなるの?

 

車は、主に鉄などの金属でできています。

 

そのため、もし台風が通過したあとに車に塩分がついていると、錆びてしまう可能性があるのです。

 

 

台風のあと、普段は見かけない白っぽい汚れが、車のボディやガラスについていませんか?

 

それは結晶化した塩分かもしれません。

 

車の錆びの原因になるのはもちろんですが、結晶化しているため、塩分も粒上になっています。

 

ですので、そのままにしておくとボディにキズがつく原因にもなります。

 

愛車を守るためにも、早めの洗車を心がけましょう!

 

 

怖~い塩害をブロック!具体的なポイントを押さえて車を洗おう!

 

「塩分を落とすには、特別なことをしなくてはいけないの?」

そう思う人も多いと思います。

 

でも、実はいつもの洗い方でも大丈夫なことは多いのです。

 

 

洗車するときは、できればお湯で車体を洗うのが理想ですが、たくさんお湯を用意するのは大変ですよね。

 

塩分は洗い流して落とせればいいので、水洗いでも十分。

スポンサーリンク

 

水をかけて、車体を丁寧に洗い、塩分をしっかりと落としましょう。

 

 

特にタイヤのホイールやブレーキ部分は、車を運転するうえで重要なパーツなので、水をたっぷりかけて、入念に塩分を洗い流してください。

 

細かい部品の細いすき間には水流を細くすると、洗いやすいですよ。

 

 

自分で洗車をするのが面倒な場合は、ガソリンスタンドの洗車機や、コイン洗車場を使ってもいいでしょう。

 

費用も500円~1000円程度で洗車できるところが多いので、手っ取り早く済ませたい人にはオススメです。

 

 

見落としがちな車の下部こそ、特にしっかりと塩分を落として!

 

車体の下の部分を洗うときは、特に念入りに洗うようにしましょう。

 

車体下部は、金属がむき出しになっていることが多く、自分でも気づいていないうちに小石などを巻き上げたりして、小さなキズがついている、なんてこともあったりします。

 

そこから塩分が入り込むと車体が錆び、腐食が進むと錆びた部分が剥がれたりして、細かな部品が取れてしまうことも。

 

そうなると、タイヤなど、重要なパーツまでもが外れてしまい、故障したり、最悪事故の原因にも…!!

 

ですので、しっかりと塩分を落としておく必要があるのです。

 

水流は強めにして、念入りに洗っておきましょう。

 

 

そのとき、高圧洗浄機を使うのがオススメ。

 

車体の下部分は、ジャッキアップして洗うのが一番良いのですが、力が弱い女性や高齢の方には、なかなか難しいかも知れません。

 

 

その点、高圧洗浄機なら、ノズルを曲げたりアタッチメントをつけたりすれば、手の届かないところもラクに洗えます。

 

もし自宅に高圧洗浄機がなくても、コイン洗車場などで借りることができるので、車体の下はきっちりと洗っておきましょう。

 

 

台風がくる前に、自分でできる塩害対策はないの?

 

屋根のない、野ざらしのところにしか駐車場所がない場合は、車用のシートカバーをかぶせておくと、ある程度は飛んでくる塩分も防ぐことができるでしょう。

 

 

しかし、それでも車体下部はカバーしきれませんし、風が吹いてカバーの隙間から塩分が入り込むこともありますから、やはり早めに洗車をすることをおすすめします。

 

 

もっとしっかりと塩害を予防したいなら、業者にコーティングなどの防錆対策を依頼するのもひとつの手段です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

台風のあとの塩害は、放っておくと大変なことになりかねません。

 

車は修理に出したり、最悪買い替える、なんてことになったりすると、ものすごくお金がかかってしまいます。

 

 

台風のあとは、いつもよりちょっとだけ気を使って、しっかりと愛車をケアすることで、サビや故障を防ぐことができます。

 

洗車することを手間と思わず、しっかりと車の塩分を落として、楽しいカーライフを送りましょう♪

スポンサーリンク

-ライフハック, 天気・自然

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「青写真を描く」をビジネスで使うのはNG?正しい使い方はこれ

「青写真を描く」をビジネスで使うのはNG?正しい使い方はこれ

「青写真を描く」という言葉をご存知ですか? スポンサーリンク     知人とビジネス上の話をしていたときに「青写真を描いてみたら?」ということを言われたことがある人いませんか? & …

新品の手ぬぐいを早く柔らかくして使いたい場合はどうすればいい?

新品の手ぬぐいを早く柔らかくして使いたい場合はどうすればいい?

スポンサーリンク   手ぬぐいって使ってますか? タオルを多く使う中、手ぬぐいの良さ、便利さを知って、手ぬぐいを愛用している人たちも少なくないのです。   その手ぬぐいなんですが、 …

窓ガラスは台風の風圧で割れる?!予防策と割れた時の応急処置方法

窓ガラスは台風の風圧で割れる?!予防策と割れた時の応急処置方法

               日本は災害が多い国です。そして、その1つが台風です。   ここ何年かで、台風の巨大化、強大化が目立ってきたように感じます。 スポンサーリンク &nbs …

台風の時に外にある自転車を傷つけずに守るための対策は?

台風の時に外にある自転車を傷つけずに守るための対策は?

  車やオートバイには乗れないけど、自転車は便利だから愛用しているという女性たちが多いですね。 スポンサーリンク     通勤に、買い物にと使い道もいろいろです。 &nb …

白い服に漂白剤を使ったら日焼け止めと反応してピンク色に!元に戻せる?

              普通の洗濯では落とせない汚れを落とすときに使う漂白剤。 ワイシャツやブラウスなど、白い服の黄ばみを落とす目的で使うことが多いです。   しかし、漂白剤をつけた途端 …