日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

ライフハック

スカートの正しいハンガーへのかけ方は?型崩れしにくい方法はこれ!

投稿日:

おしゃれな女性なら、様々なタイプのスカートをたくさん持っていますよね。

スカートはしわにならないようにしまう時はハンガーにかける方がいいですよね。

 

しかし、普通のハンガーにかけてしまうと型崩れしたり、ハンガーから落ちたりとなかなかきれいにしまうことができません。

 

この記事では、スカートの正しくハンガーにかける方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

スカートをしまう時はハンガーに

スカートは畳んでしまうとしわになるので、ハンガーにかけるのがおすすめです。

洋服ハンガーにかけることもできますが、洋服ハンガーにかけるとスカートが型崩れしたり、しわになってしまいます。

 

 

型崩れを防ぐためには?

スカートをハンガーへかけるときに型崩れを防ぐためには、スカート専用のハンガーを使うことです。

洋服をかけるハンガーだとどうしてもスカートが広がってしまったり、伸びてしまったりして型崩れをしてしまいます。

 

 

特にプリーツやシフォン素材の柔らかいスカートなどは広がりやすく、型崩れやしわになってしまうことが多いです。

 

型崩れを防ぐためには、スカート専用のハンガーがおすすめです。

スカート専用のハンガーなら、型崩れやしわを防いで、きれいにかけることができます。

 

 

おすすめのスカートハンガーは?

クリップ付き

クリップ付きのハンガーはスカートをしっかりとかけることができます。

ウエスト部分をクリップで挟むので、スカートが落ちることはありません。

 

クリップの幅を調整できるものなら、ウエストの大きさに関係なく挟むことができます。

ハンガーにかけるときは、しわにならないようにクリップの幅をきっちりと伸ばしてかけてくださいね。

 

クリップの力が強いと、スカートに跡がつくことがあります。

そんな時は、クリップとスカートの間に布をあてると跡がつきにくくなりますよ。

 

 

アーチ型

アーチ型のハンガーは、ウエスト部分にハンガーを入れてスカートをかけることができるアイテムです。

ハンガーが戻る力を利用しているので、タイトスカートやスーツのスカートにはおすすめですが、ウエストがゴムのスカートやプリーツ、シフォンのような柔らかいスカートには不向きです。

 

クリップがついていないので幅が薄く、クローゼットの場所を取りません。

クリップで挟んで生地を傷める心配がありません。

 

アーチ型は、滑りにくい材質でできていることが多いので、スカートが落ちる心配はありません。

スポンサーリンク

 

 

多段式

省スペースでたくさんのスカートをかけることができるのが、多段式です。

一つ分のスペースに、たくさんのスカートをかけることができ、場所を取らないことが魅力ですね。

 

スカートがたくさんあるのに、スペースが少ないと悩んでいる方には最適です。

 

多段式はかけにくいというデメリットがありますが、パーツが外せるようになっているアイテムなら使いやすいですよ。

 

スカートをかけるときは、しわを伸ばしてからかけてくださいね。

 

 

スカートハンガーがない場合は?

スカートハンガーがないけれど、今すぐにスカートをかけたいという時は、針金ハンガーのような細いハンガーの三角形の底辺の部分に、ピンチを2つつけてください。

 

ピンチの部分にスカートをかければ簡単にスカートハンガーを作ることができます。

 

ピンチは、スカートに跡がつきやすいので、なるべく布などで生地を守るようにしてくださいね。

 

 

しわになりにくい素材は畳んで収納もOK

スカートはハンガーにかけるのが基本ですが、すべてのスカートをハンガーにかけるとスペースが足りないということもあります。

 

デニム、スウェット、コーデュロイなどのしわになりにくい素材は畳んで引き出しにしまいましょう。

畳んだ方がコンパクトにしまうことができますよ。

 

 

型崩れしにくい畳み方は?

基本的に長方形になるように畳みます。

1.スカートの裾の部分を半分に折ります。

2.ウエストの幅と裾の幅が同じになるように整えます。

3.タンスの引き出しの大きさに合わせて、二つか三つに折り畳みます。

 

しわになりにくい、デニムやスウェット、コーデュロイ素材のスカートならこの畳み方で問題はありません。

 

 

スカートを丸めて収納する

型崩れやしわになりやすい素材を畳んでしまいたい場合は、丸めてしまうのがおすすめです。

1.タオルを用意し、タオルにすっぽりと入るようにスカートを置きます。

 (幅が広すぎると感じたら二つ折りにしても良い)

2.ウエスト部分からくるくるとタオルと一緒にスカートを丸めます。

3.丸めたままタンスにしまいます。

 

このように丸めてしまうと、しわや型崩れがしにくくなります。

 

それでもしわが心配という方は、スカートを丸める時に真ん中にラップの芯を入れてから丸めてみてください。

よりしわになりにくくなりますよ。

 

 

まとめ

スカートを型崩れしないようにハンガーにかけるには、スカート専用のハンガーを使い、きっちりとしわを伸ばしてかけるようにしましょう。

 

洋服ハンガーにスカートをかけてしまうと、型崩れの原因になります。

 

スカートを畳んでしまいたいという方は、紹介した方法でしわにならないように畳んでみてください。

 

お気に入りのスカートは専用のハンガーにかけて、いつでもきれいに着こなしたいものですね!

スポンサーリンク

-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

風が強い日でも快適♪すだれが強風でバタバタしない簡単な対策

風が強い日でも快適♪すだれが強風でバタバタしない簡単な対策

           日本人であれば、すだれを知らないという方はいないのではないでしょうか。   すだれの歴史は古く、奈良時代まで遡ると言われています。   古文でも、「御簾(みす …

取れない茶渋に効果的!メラミンスポンジなしでマグカップや湯呑を綺麗にする方法

取れない茶渋に効果的!メラミンスポンジなしでマグカップや湯呑を綺麗にする方法

一人でまたはお友達と、家族で、ゆっくりとお茶を飲む時間って素敵ですよね。 温かいお茶はほっと一息つけるものです。 スポンサーリンク   お気に入りのマグカップや湯飲みを使っている人も多いでし …

たき火の燃え残りや灰の後処理はどうすればいい?

たき火の燃え残りや灰の後処理はどうすればいい?

             アウトドアでは定番であるたき火。 スポンサーリンク 楽しんだあとは、後処理まで手を抜かないことが大切です。   ところが、やり方がわからないという方は多いのではない …

一度ちゃんと洗っても落ちなかった泥汚れはどうすれば綺麗になるの?

一度ちゃんと洗っても落ちなかった泥汚れはどうすれば綺麗になるの?

スポンサーリンク   主婦にとって洗濯物の汚れがキレイに落ちないって、けっこうストレスなんですよね。   食べこぼしのシミなどは、それでも染み抜きの洗剤などもあり、けっこう簡単に落 …

台風の時に外にある自転車を傷つけずに守るための対策は?

台風の時に外にある自転車を傷つけずに守るための対策は?

  車やオートバイには乗れないけど、自転車は便利だから愛用しているという女性たちが多いですね。 スポンサーリンク     通勤に、買い物にと使い道もいろいろです。 &nb …