日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

虫・生き物

ヤモリが家に入ってきた!追い出したいけど…すばしっこいヤモリを捕まえる方法

投稿日:2020年2月11日 更新日:

 

窓や家の壁にぺったりと引っ付いているヤモリ。

何かの拍子に家の中に入ってくることもありますよね。

 

つぶらな瞳で見た目は可愛いのですが、爬虫類が苦手な人にはたまったものではありません。

 

「早く家の外に追い出したい!」とも思うでしょう。

 

そこで今回はそんな人のために、ヤモリを追い出す方法や、ヤモリが入ってこないようにするための対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

まずはヤモリをおびき出そう!

 

ヤモリを家の外に逃がすには、見かけたときに捕まえてそっと外に出してあげるのが一番なのですが、苦手な人にはそれもなかなか難しいでしょう。

 

そこで爬虫類が苦手な人でもできそうな、ヤモリを追い出す方法をご紹介します。

 

家具などの隙間をなくし、音を立てる

ヤモリは夜行性で、昼間は壁や家具の隙間などで休んでいることが多いです。

 

ですのでまずはヤモリがいそうな部屋の家具を動かして、隙間をなくしてみましょう。

 

さらに、なんでもいいので大きな音を立ててみましょう。

手を叩くのも良いと思います。

 

ヤモリは臆病なので大きな音を怖がり、場所を移動することがあるそうです。

 

水分をとれる場所を作る

ヤモリは生きた虫をエサとするので、それと箱や空き瓶などを使えば捕獲しやすいのですが、爬虫類が苦手な人は恐らく虫も嫌いでしょうから、なかなかそれも難しいですよね。

 

他にヤモリを誘引できる可能性があるものと言えば「水分」です。

 

ヤモリはエサを食べなくても長期間生きることができるのですが、水分だけはとる必要があります。

 

部屋の中に箱を置き、その中に水分を含んだスポンジなどを入れておくと、そこに入る可能性があるかもしれません。

 

ヤモリが出てきたら家の外に追い出そう!

 

ヤモリをおびき出せたらできるだけ殺さずに、外に逃がすようにしましょう。

具体的な方法をご紹介します。

 

虫取りネットを使う

虫取りネットでヤモリを捕獲し、そのまま窓の外に払って出してあげると良いでしょう。

 

ヤモリはすばしっこく臆病な生き物なので、捕まえるときは慎重に。

 

また、大きな音を立てないように気をつけながら近づくようにしましょう。

 

丸めた新聞紙や下敷きなどを使う

虫取りネットがない場合は、丸めた新聞紙や下敷きなどを使い、ヤモリが窓の外に向かうように後方から壁を小さく叩きます。

 

これをヤモリが外に出て行くまで続けてみましょう。

 

このときヤモリ自体を叩くとヤモリが傷ついてしまうので、必ず壁を叩くようにしましょう。

スポンサーリンク

 

放っておく

ヤモリが家の中にいても数日くらいなら我慢できるという人は、いっそのこと何もせず放っておきましょう。

 

生きた虫などのエサがなければヤモリはそのうち窓や扉の隙間から勝手に出て行きます。

 

家具を動かしたりといった大掛かりなことをしなくても済むので、これが一番良い方法かも知れません。

 

なお、ヤモリは尻尾をつかむと自ら尾を切って逃げてしまう可能性があります。

 

もし手で捕まえる場合は胴体をつかむようにしましょう。

 

 

ヤモリが家の中に入らないようにできる対策はある?

 

ヤモリを無事に追い出せたら、これ以上ヤモリが入ってこないようにすることが大切です。

 

どんな対策法があるのでしょうか?

 

家の中を清潔に保つ

ヤモリはエサがある所に現れますので、エサである虫を発生させないことが大切です。

 

こまめに掃除をして家の中を清潔にし、ゴキブリなどの虫を発生させないようにしましょう。

 

特に食品の食べ残しや食べこぼしは虫がたかる原因になるので、キッチンやリビングは念入りに掃除しておきましょう。

 

窓や扉の隙間をふさぐ

ヤモリは細い隙間からでも家の中に入ってきてしまうので、もし窓や扉に穴や隙間があるなら、目の細かい網や丈夫なテープなどでふさいでおきましょう。

 

換気などで窓を開けたいときもあると思うので、網戸を設置しておくと便利ですよ。

 

猫を飼う

ヤモリ対策としてはかなり大掛かりなものになりますが、猫を飼うのも有効な方法のひとつです。

 

猫がネズミを捕食することは有名ですが、ヤモリも猫のエサになります。

 

捕食する側の生き物がいれば、捕食される側は減るはずなので、ヤモリも減る、ということになります。

 

 

だけど、実はヤモリは縁起が良い&有益な生き物

 

爬虫類が苦手で「ヤモリなんて見るのも触るのもイヤ!」という場合は仕方ありませんが、実はヤモリは縁起の良い生き物とされているんですよ♪

 

ヤモリは「家守」とも呼ばれ、文字通りその家を守ってくれると言われています。

 

エサが生きた虫ですから、家の中のゴキブリやクモなども食べてくれますし、人に危害を加えることも滅多にありません。

 

もし噛み付かれるようなことがあっても、ヤモリは歯がとても小さいため、皮膚が傷つくこともほぼありません。

 

入り込んだ家に幸運をもたらしてくれる益獣ともされているので、多少我慢できるようなら、ヤモリが自分から家を出て行くまで見守ってあげるのも良いかも知れませんよ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ヤモリを追い出したい時は音か水分でおびき出し、捕まえたらそっと逃がしてあげるようにしましょう。

 

そしてヤモリが出て行った後は家の中を清潔に保ち、入口になるようなところをふさいでおきましょう。

 

ですが、ヤモリは縁起の良い生き物とされています。

 

決して殺さず、優しい気持ちを持って家の外に出してあげるようにしましょうね。

スポンサーリンク

-虫・生き物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

メダカを屋外で飼育しているといつの間にか減ってる!?天敵別の対策方法

メダカを屋外で飼育しているといつの間にか減ってる!?天敵別の対策方法

スポンサーリンク メダカはビオトープなどを作って屋外で飼育している方も多いと思います。   屋外で飼育していると、観察する回数が減ってしまい気が付くとメダカがかなり減っている!ということも少 …

メダカにドジョウやミナミヌマエビ…食べられず同居できる生き物は?

メダカにドジョウやミナミヌマエビ…食べられず同居できる生き物は?

メダカを飼っていると、メダカだけでなくいろんな生き物と共存させたいと思うことがあります。 スポンサーリンク   最近流行している、ビオトープなどではできる限り自然の環境を再現したいので、メダ …

蚊の寿命はどれくらい?生まれてから死ぬまでの暮らしぶりを解説

部屋にいる蚊を呼び寄せる方法!これで眠れない夜ともおさらば!

  夏から秋にかけて不眠の原因で多いのが「蚊」です。 スポンサーリンク あの耳元でなる蚊の羽の音、刺されたときのかゆみ・・・辛いですよね。   部屋の照明をつけて、蚊を発見。 そし …

セミファイナル

セミファイナルの恐怖!生きているか死んでいるかを見分けるポイントが知りたい!

スポンサーリンク   夏の終わりにぽてっと落ちているセミ。 「あ、もう死んでいるな」と思って安心して側を通ると突然暴れ出した!! ――そんな「セミファイナル」の恐怖…遭遇したくないですよね。 …

犬が他の犬のお尻のにおいを嗅ぐ理由は?やめさせたほうがいいの?

犬が他の犬のお尻のにおいを嗅ぐ理由は?やめさせたほうがいいの?

スポンサーリンク   犬がかわいいからと気に入った犬を飼い始める人も少なくありません。 初めてのことだけに、疑問に思うこと、不思議に思うこと、いろいろでてきますよね。 誰に聞いていいのかも良 …