日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

美容・ファッション

歯紅(はべに)になる人とならない人の違いは何?原因と予防策

投稿日:

歯紅になる人とならない人の違いは何?             

化粧品売り場に行くと、色とりどりの口紅が並んでいます。

微妙な色の違いが綺麗で、見ているだけで楽しくなってきますよね。

いろいろな種類の口紅を集めるのが好きという方もいるでしょう。

 

ですが、口紅を塗っていて、気がついたら歯についていた。

こんな経験をしたことはありませんか?

 

口紅が歯につくことを、歯紅(はべに)と言います。

とても恥ずかしいですし、一度経験すると口紅を塗るたびに気になりますよね。

かといって、おしゃれを我慢するというのも、できれば避けたいものです。

 

そこで今回は、歯紅になる・ならないの違いは何か、その原因と予防策をご紹介します。

よく歯紅になってしまうという方は、是非読んでみてください。

スポンサーリンク

歯紅になる原因

まずは、歯紅の原因です。

自分に当てはまるものがないかどうか、確認していきましょう。

 

◎歯並び

最初の原因は、歯並びです。

歯並びが悪い、前歯が出ているといった場合は、口紅が歯につきやすくなります。

歯並びを綺麗にするには矯正するしかないですが、簡単ではありませんよね。

矯正以外にできる方法で、歯紅を防ぐ必要があります。

自分は歯並びが悪いから仕方がないと諦めず、工夫して歯紅を防いでいきましょう。

 

◎口の中や唇が乾燥している

口の中が乾燥していると、歯も乾くため唇にくっつきやすくなります。

唇が乾燥している場合も同じです。

口の中が十分に潤っていれば、唾液で歯についた口紅を落とすことも期待できます。

しかし、乾燥した状態では難しいでしょう。

特に、無意識に口が開く癖があり、口呼吸をしている人は乾きやすいです。

口呼吸は、

・風邪をひきやすい

・虫歯、歯周病、口臭の原因になる

・歯並びが悪くなる

・顔がたるむ

などデメリットがたくさんあります。

歯紅以外のことを考えても、直した方が良いですね。

 

◎口紅を塗りすぎている

塗りすぎると、余分な口紅が歯についてしまいます。

発色や塗り直しの回数を考えてのことだと思いますが、ほどほどにしておきましょう。

 

◎口紅を唇の内側まで塗っている

ムラなく塗ろうと思い、唇の内側の方まで塗っていないでしょうか。

スポンサーリンク

奥まで塗りすぎると、唇が歯に触れたときに口紅がついてしまいます。

 

 

歯紅にならないための予防策

次は、歯紅を予防する方法です。

たくさんありますが、歯紅にならないために頑張って覚えましょう。

 

◎こまめに水分補給をする

頻繁に水分補給をすることで、口の中が潤って歯紅を防げます。

塗る前や塗り直しのときに、口の中を潤しておくのもおすすめです。

 

◎唇を保湿してから塗る

白色ワセリンで唇の乾燥を防ぐ方法です。

ワセリンには水分の蒸発を防ぐ働きがあり、スキンケアに使われることもあります。

ワセリンの中でも、純度が高いのが白色ワセリンです。

商品はいくつかありますが、『サンホワイト』を選んでおけば間違いありません。

サンホワイトは、最も純度が高いワセリンだと言われています。

つけすぎるとべたべたするので、気をつけてくださいね。

 

◎指やリップブラシで塗る

口紅を直接塗っている場合は、塗り方を変えてみましょう。

指で叩くように塗ったりリップブラシを使ったりすれば、塗りすぎを防げます。

 

◎笑顔の状態で塗る

歯が見えるくらいの笑顔を作った状態で塗る方法です。

こうすれば、唇の奥まで塗らずに済みます。

塗る段階で歯についてしまっては意味がないので、慎重に行いましょう。

 

◎リップペンシルの上に塗る

リップペンシルは、唇の輪郭をはっきりさせたいときなどに使うアイテムです。

唇全体に塗り、その上から口紅を塗ることで落ちにくくなります。

 

◎仕上げにティッシュを使う

塗ったあと、余分な口紅はティッシュで取り除きましょう。

方法としては、

・唇をティッシュで押さえる

・ティッシュを口に挟む

・人差し指にティッシュを巻き、くわえる

があります。

 

◎落ちにくい口紅を使う

落ちにくいタイプの口紅を使うのも、1つの方法です。

さまざまなメーカーから発売されているので、お気に入りを見つけてください。

 

◎リップコートを使う

リップコートは、口紅をコーティングしてくれるアイテムです。

最後に塗れば、口紅が落ちるのを防げます。

食事や会話のときもあまり気にせずにいられるのが、嬉しいところですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

口紅を塗りたいけれど、歯紅になるのが嫌で避けていた方もいるかもしれません。

ですが、原因と予防策を知っていれば大丈夫です。

予防策は色々ありますが、自分が取り入れやすそうなものから試していってくださいね。

コーディネートや気分によって口紅を変えて、メイクを楽しみましょう。

スポンサーリンク

-美容・ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自爪が割れた時の応急処置の仕方と割らないための日々の予防ケア方法

自爪が割れた時の応急処置の仕方と割らないための日々の予防ケア方法

  おしゃれのために、毎日少しずつ伸ばした綺麗な爪。 スポンサーリンク マニキュアやジェルネイルを塗るのはとても楽しいですよね。   ですが、気づいたら爪が割れていて落ち込むことも …

唇の乾燥が気になるけどリップクリームがない!そんなときの代用品

唇の乾燥が気になるけどリップクリームがない!そんなときの代用品

寒くなり、乾燥もして唇がカサカサする季節になりましたね。 スポンサーリンク   寒くなくても乾燥しがちな環境や体質だと、唇の潤いのためにはリップクリームは必需品です。   でも、そ …

お好み焼き

ダニが繁殖しやすい食品はどんなもの?どうすれば駆除できる?

賞味期限が二年以上過ぎた古いお好み焼き粉で作られたお好み焼きを食べて重度のダニアレルギーを発症した人がいるというニュースが、かつてテレビでも取り上げられました。 スポンサーリンク 小麦粉やお好み焼き粉 …

伸びてしまったストッキングを元通りにする方法はある?

伸びてしまったストッキングを元通りにする方法はある?

女性にとっては必需品ともいえる、ストッキング。 毎日履く人も多いですよね。 スポンサーリンク   履いてるストッキングが伸びてしまったのだけど・・・元通りにする方法ってあるのでしょうか? & …

ネジ式ピアスが取れない!簡単に取り外せるいい方法はない?

ネジ式ピアスが取れない!簡単に取り外せるいい方法はない?

耳に付けるアクセサリーと言えば? ピアスですね。 ピアスをひとつ付けるだけでも雰囲気が変わったり、相手に良い印象を与えることもできます。 スポンサーリンク 中高生時代に、他のみんなよりもオシャレするの …