日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

ライフハック

新品の手ぬぐいを早く柔らかくして使いたい場合はどうすればいい?

投稿日:

新品の手ぬぐいを早く柔らかくして使いたい場合はどうすればいい?

 

手ぬぐいって使ってますか?

タオルを多く使う中、手ぬぐいの良さ、便利さを知って、手ぬぐいを愛用している人たちも少なくないのです。

 

その手ぬぐいなんですが、新品の手ぬぐいって硬いですよね。

でもできればタオルのように柔らかくお肌にやさしい感じがほしいなあと思います。

 

そこで、今回は新品の手ぬぐいを柔らかくする方法をお伝えしていきますよ。

スポンサーリンク

新しい手ぬぐいはなぜ硬い?

 

新品の手ぬぐいはパリっとしています。

それが気持ちが良いという人もいますよね。

 

もちろん気持ちは良いのですが、実際に使うとなると何かと不便です。

水分も吸収してくれないし・・

 

それは新しい手ぬぐいを作るときにノリをつけているからなのです。

ノリがついた手ぬぐいはパリッと仕上がります。

 

なので、新しい手ぬぐいを初めて使うときには、一度水を通してから使うべきだということは良く聞くことですね。

 

水を通してからということで、他の洗濯物と一緒に洗濯機でガラガラ回してしまうという人も多いでしょう。

めんどくさがりの私もその仲間です。

 

でもどうでしょう?

洗濯してもなんだかゴワゴワがまだ落ちないかな?と思うことはありませんか?

一度洗濯するだけでは落ちないノリもあるようです。

 

そこで、新しい手ぬぐいを使う時には、これから紹介する方法を試してみてください。

柔らかい手ぬぐいに変身しますよ。

 

 

新品てぬぐいは熱湯につける、熱湯で煮る

 

<熱湯につける>

まず、お湯を沸かします。

ぐつぐつとお湯が沸騰したら、耐熱性のある容器にいれ、その中に手ぬぐいをつけます。

 

菜箸やトングなどで、手ぬぐいをつかみ、ゆらゆらとお湯の中で泳がします。

少ししたら、手ぬぐいを取り出して日陰干しにします。

 

乾いてから硬さを確かめて、まだ硬いようなら、もう一度熱湯に通します。

何度か繰り返してもいいでしょう。

 

また、熱湯につけてある程度ノリがとれたと思ったら、他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗ってしまっても良いですよ。

 

<熱湯で煮る>

何度も熱湯につけたり乾かしたりというのが面倒というときには、鍋にお湯を沸かしてその中で手ぬぐいもぐつぐつ煮てしまいます。

 

時間は2~3分くらいで、あまり長くすると生地が傷むことがあるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

これで、取り出してから乾かせば大丈夫です。

 

新品のてぬぐいについているのはノリなので、ノリを熱湯で柔らかくし、さらにお湯の中で泳がせることでそのノリをとることができます。

 

 

気を付けたいこと

 

熱湯を通したり、熱湯で煮るなどの方法が一番確実かと思います。

ただ、一度洗濯しただけでも効果があるという場合もありますし、熱湯処理をしてもあまり効果が感じられないということもあります。

 

硬さの度合いにもよりますが、もともと硬い生地を使っているということもありますよ。

特に100均の手ぬぐいは安くて手軽に買える反面、生地がいまいちということもあります。

 

100均のすべてがそういうわけではないのですが、中には洗っても洗ってもなんとなくゴワゴワ感が残るというものは、やはり生地の違いでしょう。

 

また色とりどりの手ぬぐい、かわいい模様入りの手ぬぐいなども多く販売されていますね。

顔料が落ちるという可能性もあるので、最初に洗うときには単独で洗うことをおススメします。

他の洗濯物と一緒に洗って、色がうつってしまったってことがないように気を付けたいポイントです。

 

また、普段から手ぬぐいの洗濯は手洗いが良いといいます。

洗濯機でも良いのですが、洗濯機で洗う場合はネットにいれて洗うほうが良いでしょう。

やはり生地が傷みやすいからですね。

 

 

手ぬぐいってこんなに便利

 

私は手ぬぐいってあまり使わないのですが、調べてみると手ぬぐいを重宝して使っている人たちはたくさんいるんですね。

 

ハンカチの代わりに使ったり、お風呂のときに体を洗うときにも使えます。

お風呂上りのバスタオルの代わりにも使えますね。

 

また、暑い夏には保冷剤を包んで首にまくと熱中症対策になります。

台所ではふきんとしても活躍します。

 

お掃除やお料理するときに頭に巻いてみたり、火災時のマスクのかわりになったり。

 

手ぬぐいは通気性もよく、洗っても乾くまでの時間がタオルよりも断然早いですよね。

特に梅雨の時期、洗濯物が乾かないっていう時でも手ぬぐいはわりと早く乾いてしまうので、重宝なのですね。

可愛い柄のものもたくさんあるので、持ち歩いてもおしゃれです。

 

昔から手ぬぐいはあらゆる面で重宝されてきたものだけに、今の時代でも十分に使えるものなのです。

 

 

まとめ

 

カラフルなかわいい手ぬぐいを見ると思わず買ってしまいそうですが、初めて使うときには水通しが必要です。

 

水だけでもノリが落ちることもありますが、熱湯につけたり、お湯で煮たりするとより効果的ですよ。

ぜひ試してみてください。

 

肌触りの良い手ぬぐいをいくつか買っておくと、その手触りと便利さに手ぬぐいが手放せなくなるかもしれませんよ。

 

私も手ぬぐいライフがしてみたくなりました。

スポンサーリンク

-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

たき火を庭でやるのは違法?理由は?合法的にやる方法はある?

たき火を庭でやるのは違法?理由は?合法的にやる方法はある?

              秋の景色と聞くと、紅葉を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。   葉が枝についているときはもちろん、散るときも散ったあとも美しいですよね。 スポンサーリン …

勉強

資格試験一発合格に向けて効率よく暗記していく方法

中学、高校、大学と勉強に勉強を重ねてきたけれど、 スポンサーリンク いざ就職すると、さらに資格をとってキャリアを積みたいという女性たちも 少なくありません。 仕事をしながら、家の事をしながら勉強もしな …

使い捨てカイロが熱すぎて火傷しそう・・温度調節する方法

使い捨てカイロが熱すぎて火傷しそう・・温度調節する方法

              冬に温度が低い部屋や屋外にいなければならないとき、寒さ対策はどうしていますか?   洋服を何枚も重ねても、どうしても寒いときがありますよね。 そんなときに役に立つ …

柔軟剤を入れるタイミングはいつが正解?間違えると香らなくなっちゃうかも?

柔軟剤を入れるタイミングはいつが正解?間違えると香らなくなっちゃうかも?

              スポンサーリンク 衣類を柔らかくしてくれる柔軟剤。 香りをつける、臭いや菌の発生を防ぐなどの効果もあります。   良いところばかりの柔軟剤ですが、入れるタイミング …

強風の日でもベランダで洗濯物を飛ばされず清潔に干す方法

強風の日でもベランダで洗濯物を飛ばされず清潔に干す方法

春から秋にかけて、梅雨時以外は洗濯に適した季節が続きます。     外干しすると、早く乾くだけではなく、嫌なにおいも水分と一緒にカラッと乾いてとても気持ちが良いですよね! スポンサーリンク …