日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

ライフハック

傘の布部分にサビ汚れが付着して茶色くなった汚れの落とし方

投稿日:

傘の布部分にサビ汚れが付着して茶色くなった汚れの落とし方2138

 

雨が多い季節には傘をよく使いますが、何気に傘を広げてみたら、あっ!錆が!と、サビを発見したことはありませんか?

骨の部分だけならまだしも、それが布部分まで広がり、なんとも気分が悪いです。

どうでもよい安物の傘ならいいのですが、お気に入りの傘なのに~ってなると、なんとかしたいですよね。

 

そこで今回は傘についたサビの落とし方を紹介していきましょう。

難しいことはありませんよ。

スポンサーリンク

傘についたサビの落とし方

 

まずは傘の布の部分についたサビの落とし方から見ていきましょう。

 

【消しゴムで落とす】

本当にごくごく軽いサビの場合、消しゴムで少し擦るとかなり薄くなります。

でも本当に軽いサビってあまりないかもしれません。

気が付いたときにはすでにサビが広まってるでしょうから・・。

 

【お酢と洗剤で落とす】

自宅にあるお酢と台所用洗剤で落とす方法です。

まず、水でもみ洗いして大まかなサビは落としておきましょう。

もむことができないときは、歯ブラシで軽くこするといいですね。

その後、お酢と台所用洗剤をサビの部分につけます。

つけてから、歯ブラシなどで擦りましょう。

サビが落ちたら、水で洗い流して終しまい。

 

【がんこなサビには】

上記の方法で落ちないサビはどうしましょうか?

酸素系漂白剤を使うという方法があります。

酸素系漂白剤なら色落ちの心配もないと思いますが、一応確認してからにしましょうね。

 

また、「ハイドロハイター」が効果ありという情報もありました。

こちらも使ってみる価値ありですね。

漂白剤はどうも・・というのであれば、ホームセンターなどで手に入る、クリーム状のサビ落としを使ってみましょう。

サビ取り専門なので、効果がありますよ。

 

 

では次に、傘の骨の部分のサビの落とし方です。

布の部分からサビが広がるわけじゃないですよね。

骨の部分のサビが布についてしまうのですから、布の部分だけのサビを落としても、骨の部分に残っていればまたサビはついてしまうわけです。

元から除去するのが賢明ですね。

 

【歯磨き粉で落とす】

骨の部分の軽いサビの場合、歯磨き粉をつけて、歯ブラシでこすりましょう。

軽いサビならこれだけで落ちますよ。

 

【木工用ボンドを使う】

歯磨き粉では落ちないという場合には、木工用ボンドを使ってみます。

手軽に手に入るものですし、使い方も簡単です。

木工用ボンドをサビの部分に塗り、乾かします。

スポンサーリンク

乾いたら、はがすだけ。

サビも一緒にとれていきますよ。

 

【お酢と台所用洗剤で落とす】

布の部分同様、お酢と台所用洗剤を付けて骨部分のサビを落とすことができます。

サビの部分にお酢と洗剤を塗って、メラニンスポンジでこすります。

これでひどいサビもすっきり落ちます。

一度で落ちない場合は、繰り返し同じ作業をしていくと、きれいになっていきますよ。

 

【最後の手段はさび落とし】

何を試してもサビが落ちない!

そんなときは、サビ落としに頼りましょう。

ホームセンターなどで手にはいりますね。

紙やすりで擦るというのも良いですし、クリーム状のサビ落としを塗って落とすのも良いでしょう。

 

 

サビを予防する方法

 

サビを落とす方法が分かったので、これでいつでもサビがついても大丈夫!っていうわけにはいきませんよね。

一度やってみると、いかに面倒かということが分かるはずです。

できるなら、サビがつかないようにしたいものです。

サビも予防することができますよ。

 

【まずは乾燥】

なにはともあれ、「傘は使ったら乾かす」これを習慣にしたいものですね。

私もついつい、玄関に置きっぱなしにしてしまうのですが、その一晩の間にサビがつくかもしれません。

その日のうちに広げて乾かしたいものです。

どうせ明日も雨だからそのままでいいや・・・と思いがちですが、サビもカビもこうしたところから繁殖されていくので気をつけましょう。

夜には広げて乾かしたいですね。

 

【サビ止めスプレーを使う】

もともと傘の骨の部分、金属部分にはサビ止めが施されています。

しかし、長い間使っているとそれもはがれてきて効果がなくなってしまい、サビが発生してくるようになるのです。

なので、サビを落としたら、サビ止めスプレーを吹き付けておきましょう。

これもホームセンターなどで手に入ります。

こうしたお手入れが傘を長持ちさせてくれます。

 

【撥水スプレーを使う】

傘の布の部分につかうのがこの撥水スプレーです。

雨水が布に吸収されずに、はじく役割をしてくれるんですが、この撥水力も長い間使うことで、だんだんと力が弱くなってきます。

そうして布に吸収された水分からサビが発生するようにもなるので、ある程度使った傘は撥水スプレーを吹き付けておくと良いですね。

また、傘が汚れて、洗ったというときの仕上げにも、この撥水スプレーをしておくと、長持ちさせることができますよ。

 

 

まとめ

 

傘についたサビが気になっていたのですが、意外と、身近な道具を使って落とせることが分かりましたね。

お酢と台所用洗剤だけでも十分落ちそうですよ。

 

そこまでするのは面倒というのであれば、初めから、サビ取りクリームなどを購入するのも良いでしょうし、そこまで大切な傘でもないというのであれば、あっさりと買い替えるという選択肢もありだと思いますよ。

 

快適な雨天日を過ごすためにもきれいな傘が良いですよね!

スポンサーリンク

-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

綿のスカートについたシワを取りたい…効果的なアイロンのかけ方

綿のスカートについたシワを取りたい…効果的なアイロンのかけ方

スポンサーリンク   綿100%の衣類は洗濯したあとによくシワができてしまいます。 乾かしてたたんでおいたシャツにもシワができたりします。   クローゼットの中につるして保管してい …

羽毛布団の洗濯に失敗するとどうなる?原因と修復方法と正しい使い方

羽毛布団の洗濯に失敗するとどうなる?原因と修復方法と正しい使い方

  軽さと温かさが魅力的な羽毛布団。   寒い冬にはとても心地よく、良質な睡眠をとることができます。 スポンサーリンク     でも、使い続けると汚れが気になっ …

ビニール傘

いらなくなったビニール傘はどう処分すればいい?寄付できる事も!

【前書き】 スポンサーリンク 出先で突然の雨…なんて時についつい増えがちなビニール傘。 そろそろ捨てたいんだけど、捨て方がわからない!なんてことはありませんか? 特に仕分けに厳しい地区に住んでいると、 …

図書館から借りた本をなくしたら弁償になる?どうすればいい?

  図書館は、子供からお年寄りまで、世代を問わず誰でも自由に利用できる施設です。 学校には必ずあるので、利用したことがないという人はいないと思います。   静かで、小説や専門書、図 …

コロコロに長い髪の毛が巻き付くと上手く剥がれない…何か解決策はある?

コロコロに長い髪の毛が巻き付くと上手く剥がれない…何か解決策はある?

  を使って掃除をしている家も多いですね。 赤ちゃんが寝ているから掃除機がかけられないという場合、はたまためんどくさくて掃除機がかけられないという場合などなど。 スポンサーリンク &nbsp …