日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

オリーブの実の種を取る方法!家にある道具で見栄え良く種を取ろう

投稿日:

 

ワインのおつまみに、お料理のアクセントにと、いろいろな場面で活躍してくれるオリーブ。

 

 

缶詰や瓶詰を買って帰って、「あっ!間違えて種ありの方を買っちゃった…!!」…と、「失敗した~!!」って思った経験、ありませんか??

 

 

「どうにかして種を取って食べられないかなあ?」

――それが、できちゃうんです!!

 

 

そこで今回は、きれいに種を取る方法や、オリーブを見栄え良く、美味しく楽しむ方法をまとめてみました!

 

スポンサーリンク

オリーブの種抜き用の機械があるんです!

 

様々なものがあるキッチン用品ですが、オリーブの種を取るための専用の機械もあるんです!

 

 

「オリーブストナー」「オリーブピッター」で探せば見つかると思います。

 

 

見た目は大きめのホッチキスみたいな感じ。

 

 

その機械にオリーブの実をセットして、ホッチキスを綴じる感覚でパチン!

 

 

すると、機械についている突起で種が押し出され、きれいに種が取れるのです。

 

 

この機械のお値段は、お安いものだと1000円程度、業務用のちょっと高いものだと2500円程度です。

 

 

だけど、オリーブの種なんてそんなに頻繁に取る機会もないですし、あれば確かに便利だけど、物が増えるのも嫌だなあ…と思う人もいますよね。

 

 

そんな人に朗報!

実は包丁を使えば、種は自力でも取れるんです!!

詳しい方法をご紹介しますね。

 

 

包丁を使ってきれいに種を取っちゃおう!

 

種抜き器なしで種を取るには、包丁が必要です。

 

 

手を切ったりしないように気をつけながら、きれいに取っていきましょう。

 

 

手順はこちらです。

 

1.オリーブの実をヘタとおしりの部分でつまみます。

 

 

2.実の真ん中あたりに包丁で横にぐるっと一周切り込みを入れます。

 

 

3.切り込みの線の上を片手で、下をもう片方の手でつまんで、それぞれ逆方向に捻るように回します。

上が時計回りなら、下は反時計回り、といった感じですね。

すると、片方に種がついたままの状態で、実が二分割されます。

 

 

4.種がついている方の実をつまんで力を入れ、グッと種を押してから、今度は実と種を持ち、また逆に捻るように回します。

するときれいに種が取れます。

 

 

実や種をつまむときなど、滑ってやりづらいかもしれないので、くれぐれにもケガには気をつけてくださいね。

 

 

種ありと種なしのオリーブが売られているのはなぜ?

 

そもそもお店で売られているオリーブには、なぜ「種あり」と「種なし」があるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

日本では「種なし」のオリーブが売られていることが多いですよね。

 

 

お店に両方置いてあっても、「種なし」の商品の方が多いと思います。

 

 

ですが、イタリアでは逆で「種あり」の状態で売られていることがほとんどなんです。

どうしてでしょうか??

 

 

オリーブの実から種を抜き、穴の開いた状態で瓶詰などで塩水漬けにすると、実の旨味が塩水に溶け出して、外に出てしまいます。

 

 

だから塩水漬けにするなら穴の開いていない、「種あり」の状態の方が美味しいのです。

 

 

市販の種抜きオリーブをもっと美味しくしたい場合は、エキストラバージンオリーブオイルに一週間くらい漬けこんでおくと、実がプリプリになって、旨味も戻ってきますよ♪

 

 

オリーブを見栄え良く楽しみたいなら!

おつまみとしてそのまま食べても美味しいオリーブですが、お料理に合わせても美味しく食べられる、便利な食材。

 

 

それに、オリーブが使われていると、それだけでオシャレな雰囲気になりますよね。

 

 

そこで、オリーブで小技を効かせて、食卓をオシャレに見せちゃいましょう!

 

 

・カラフルな食材と合わせて

トマトやパプリカ、タコ、たまごなど、カラフルな食材とオリーブは好相性!

マリネやサラダを作って、真っ白なお皿やガラスボウルに盛り付ければ、一気に食卓が華やぎます!

 

 

・ピックに刺してかわいいピンチョスに

生ハムやモッツァレラチーズと一緒にピックに刺してピンチョスに。

さっとつまめて、ホームパーティーなどにもピッタリです!

 

カッティングボードなどにのせて並べると、インスタ映えも狙えちゃう!

いろいろな食材との組み合わせも楽しめますよ♪

 

 

・バニラアイスに混ぜても!?

バニラアイスにオリーブの新漬けを少量刻んで混ぜると、リッチで大人な味に大変身!

お酒のあとのデザートにも良いでしょうね。

 

黒の器の上にのせてミントを添えると、大人っぽくオシャレな雰囲気に。

お料理もですが、このようにお皿やテーブルセッティングを変えるだけでも、よりオシャレに見栄え良く、オリーブを楽しめます。

 

いろいろと工夫してみてくださいね♪

 

 

缶詰や瓶詰のオリーブが使いきれなかった場合は

 

「缶詰や瓶詰のオリーブを開けたけど、使いきれなかった…」なんて経験、ありませんか?

こういうときにオススメの保存方法があるんですよ♪

 

 

まず余ったオリーブの汁をよく切って、空き容器に入れます。

 

 

そこにオリーブオイルか塩水を、オリーブが浸かるくらいまで入れて、冷蔵庫に入れておくだけ!

 

 

こうしておけば、だいたい一か月くらいは日持ちするそうですよ。

試してみてくださいね♪

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

オリーブの種は包丁を使えば手でも取れることが分かりましたが、普段からオリーブを食べる機会が頻繁にある場合は、専用の機械を買った方がラクかもしれません。

 

状況によって便利な方を選びましょうね。

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ぎゅうにゅうぱっくをケーキ型の代わりに使いたいけど…オーブンで焼いても大丈夫?注意点はある?

牛乳パックをケーキ型の代わりに使いたいけど…オーブンで焼いても大丈夫?注意点はある?

スポンサーリンク   パウンドケーキやブラウニーなどを焼こうと思ったときに、型がなくて困ったことありませんか?   あるものを探したら、牛乳パックが見つかった。 ちょうどよさそうだ …

ラムネの中のビー玉

ラムネ瓶の中のビー玉を取り出す方法は?割らなくてもイケるかもよ?!

スポンサーリンク 暑い夏には冷たいラムネが飲みたくなります。 ラムネ瓶の中にはビー玉が入ってるのはご存じの通りです。   ところで、このビー玉、上手に取り出すことができますか? 瓶を割ったら …

ギンナンは生で食べると危険?安全な調理の仕方と殻や薄皮の剥き方

ギンナンは生で食べると危険?安全な調理の仕方と殻や薄皮の剥き方

秋になると、イチョウの木の下にギンナンがたくさん落ちていて、拾いたくなりますね。 スポンサーリンク 私は、ギンナンの独特のにおいとくせが好きで茶わん蒸しにはギンナンを入れたくなります。   …

チョコレートを溶かすのに湯煎と電子レンジで違いは出る?どっちが良い?

チョコレートを溶かすのに湯煎と電子レンジで違いは出る?どっちが良い?

スポンサーリンク   手作りのチョコレート、またはブラウニーやチョコレートケーキ、おいしいスイーツにはチョコレートが欠かせません。 手作りのチョコスイーツを作る時には、「板チョコを溶かす」と …

ラムネとソーダとサイダーの違い

ラムネとソーダとサイダーの違いはどこにある?

スポンサーリンク ラムネとサイダーとソーダ。 どれも似たような飲み物なのですが、同じものなのでしょうか? それとも違いがあるのでしょうか? 気になってたけど、今まではっきり知らなかったという人も多いで …