日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

マヨネーズを手作りしてみたら固まらない…原因は何?復活させることは出来る?

投稿日:

マヨネーズを手作りしてみたら固まらない…原因は何?復活は可能?

 

マヨネーズは市販のものを買ってもいいのですが、手作りだと添加物などの心配もないですし、好みの味にできるので手作り派の人も多いでしょう。

 

ところで、マヨネーズを作っていて、固まらなかったってことはありませんか?

あるんです。

失敗マヨネーズ。。。

こんな時はどうしたらいいのでしょう?

そこで今回は、固まらないマヨネーズの原因と、その対策方法をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

マヨネーズが固まらない原因って何?

 

マヨネーズを作る時には、

・卵黄

・酢

・油

を混ぜて作りますね。

 

ところが、いつものように作っているはずなのに、固まらなくて水のようにしゃばしゃばしていることがあるんです。

 

これが失敗作ですね。

この固まらない原因は二つ考えられます。

 

【卵が冷たい】

一つは卵。

卵黄を使ったり、全卵を使う場合もありますが、この卵は室温に戻してから使ったほうが固まりやすいのです。

 

卵黄の中に含まれるレシチンという成分が油とお酢を結び付けて乳化作用を起こしてくれるのです。

卵の温度が低いとこのレシチンの働きが弱くなり乳化されにくい、つまり、固まらないということが起こってしまうのですね。

 

なのでマヨネーズを作る前には室温に出しておいて温度を戻して置いたり、時間がない場合は、水に少しつけて温度をあげると良いですよ。

 

【油を一気に入れた】

卵黄にお酢、そして油を入れて混ぜていくのですが、ここで油を一気に入れてしまうと固まらないのです。

 

油を一気に入れてしまうとお酢と混ざりません。

水と油は混ざらないとはまさにこのことで、お酢と油が分離してしまうんですね。

 

上手に乳化することができないので、油は「少しずつ入れる」というのが原則です。

最初は小さじ1杯ずつ、垂らしながら入れては混ぜ、入れては混ぜを繰り返し、乳化してきてもったりしてきたら、あとは大さじ1杯ずつ入れ完成間際には残りの油を一気に入れても良いのです。

 

また混ぜるときには、泡立て器で手動で混ぜても良いのですが、それよりはミキサーやハンドブレンダーなど電動で混ぜると良く混ざり、油も分離しづらくなりますよ。

 

 

失敗マヨネーズの復活方法とは?

 

いつもちゃんと作れるマヨネーズなのに、何回も作ってるはずなのに、それでも失敗することありますよね。

 

あなただけではありません!

卵の状態がよくなかったり、油を少しずつ入れるつもりがついどばっと入ってしまったりということは人間ですからあるものです。

スポンサーリンク

 

混ぜ方が甘かったってこともあるかもしれません。

でもドレッシングのようになったマヨネーズは、捨てるしか方法がないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

復活させる方法があるんですよ。

あきらめるのはそれをしてみてからにしましょう。

 

【卵黄を入れる】

固まらなかったマヨネーズに、新しく卵黄を加えるという方法です。

とはいうものの失敗作に卵黄を入れるのではなく、卵黄をボウルに入れて、そこに失敗作のマヨネーズをツラツラと少量ずつ入れてよく混ぜていくという方法です。

 

もちろん、卵黄は室温のものが良いです。

卵黄にあるレシチンが乳化作用を手伝ってくれるので、これで固まってくるはずです。

 

もしそれでもダメだったら?

 

【卵白を入れる】

卵黄だけを使ってるので、卵白は余ってますよね。

他のお料理に使ったり、焼いて食べてもいいのですが、残っていたら卵白も入れてみましょう。

これで復活する可能性もあるからです。

卵白は水分が多いから固まらないという人もいるのですが、全卵を使ってマヨネーズを作ることもあり、卵白だからダメということはないんですよね。

 

【市販のマヨネーズを入れる】

冷蔵庫に市販のマヨネーズがあれば、それで復活させることもできるんです。

失敗作のマヨネーズは冷蔵庫で1時間ほど冷やしておきます。

市販のマヨネーズ大さじ2杯をボウルにいれて、そこに冷やしておいた失敗作マヨネーズを少しずつ混ぜていきます。

泡立て器でしっかりと混ぜましょう。

市販のマヨネーズが乳化作用を手伝ってくれるので、これで乳化し始めたらしめたものです。

さらに30分ほど冷蔵庫で冷やしたら完成です。

 

 

マヨネーズを成功させるコツ

 

ここで手作りマヨネーズを成功させるコツをまとめておきましょう。

 

【材料は室温に】

卵だけでなく、他の油やお酢なども室温に戻しておくほうが失敗しにくいです。

 

【よく混ぜる】

卵黄とお酢、塩、こしょうをまずはよく混ぜ合わせておくということがポイントになります。

そこに油を少しずつ入れるというのもポイントですのでお忘れなく。

 

【混ぜ方】

生クリームを混ぜるように空気を含ませて・・・というのはNG。

マヨネーズを作るときには溶き卵を作る時のようにシャカシャカと混ぜるほうが成功しやすくなります。

 

 

まとめ

 

お子さんたちに添加物のない手作りマヨネーズを食べさせたいというママたちも多いです。

また好みの味にしたいからと手作りしている主婦の方も多いですよね。

 

成功のポイントをもう一度確認して、手作りマヨネーズを楽しんでください。

失敗したら、もう一個卵を準備して混ぜてみましょう。

 

おいしいマヨネーズの成功をお祈りしています。

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

レンコンは生で食べられるもの?収穫時期によって違うって本当?

レンコンは生で食べられるもの?収穫時期によって違うって本当?

  レンコンはいろんな料理に使える野菜です。   栄養価も高く、健康にもよし。 スポンサーリンク さらにはいろんな料理に使えるということで、良く買う主婦の方たちも多いのではないでし …

黒ごまきな粉はどこで売ってる?ダイエット効果と手作りする場合の注意点

黒ごまきな粉はどこで売ってる?ダイエット効果と手作りする場合の注意点

                「黒ごまきな粉」という食材があるのをご存知でしょうか? 文字通り、黒ごまときな粉を混ぜたもので、ダイエットに効果があるとされています。 スポンサーリンク &n …

カカオバター、カカオニブ、カカオマス、カカオリカーの違いは何?

カカオバター、カカオニブ、カカオマス、カカオリカーの違いは何?

スポンサーリンク 「カカオバター」や「カカオマス」など、「カカオ○○」と付く言葉は意外とあるものです。   「カカオ」はチョコレートなどの原料になるということは広く知られていますが、ではこれ …

手作りジャムを作ったけど瓶がない場合の保管方法

手作りジャムを作ったけど瓶がない場合の保管方法

スポンサーリンク   「ジャムを作ったあとで保存するための瓶がなかったことに気がついてしまった…!」 うっかりしていて保存容器のことまで考えてなかった…という場合、瓶以外での保管方法ってどん …

マツタケが生える場所はどこ?探す時のポイントや注意点

マツタケが生える場所はどこ?探す時のポイントや注意点

スポンサーリンク   秋の味覚の王様と言えばマツタケ! 「国産のマツタケは買うと高いし、マツタケ狩りにでも行こうかな! でもちゃんと採れるのかな…?」 と考える人もいるのではないでしょうか? …