日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

白玉団子はどうやって保存すればいい?これで作りすぎちゃっても安心♪

投稿日:

 

白玉粉で作る白玉団子、和風スイーツには欠かせないものですよね。

 

白玉団子はおうちでも簡単に作れるので、子供たちのおやつに、またはお友達を招待したときのデザートに、と作ることも多いと思います。

 

でも、白玉粉の量の加減がよくわからず、ついいっぱい作ってしまった!

ってこと、みんな経験ありじゃないですか?

 

こんなときはたくさん食べれてラッキーっていうよりも、たくさん余ったらどうしよう~っていう心配のほうが先立つものです。

 

白玉団子も上手に保管すれば、その日に食べなくても後々またおいしく食べられます!

 

その保存方法、教えますよ。

 

スポンサーリンク

白玉団子は水につけて保存

白玉団子はどうやって作りますか?

 

白玉粉と水を混ぜて、練って、一口大の大きさにころころまとめて、団子を作り、それをお湯でゆでます。

そのあとは氷水につけておくと、もちもち感が生きておいしい食感の白玉団子になります。

 

すぐに食べるときはいいのですが、残ってしまったときには水に入れて保存しておくと、冷蔵庫での保存が可能です。

 

水につけないとどうなるの?

 

乾いてしいますし、固くなってしまいます。

これでは食べられなくなります。

 

なので、水につけておくのですが、長い間水につけておくとどうなるでしょう?

 

やって見た人はわかると思います。

水につけていた白玉団子はだんだんふやけてきておいしくなくなります。

さらに2日ほど水につけて保存しておくと、団子の中の部分が硬くなり、これまたおいしくなくなります。

 

ということで、水につけて保存する場合も、せいぜい2~3日が限度というところです。

できるだけ早く食べたほうがおいしく食べられますよ。

 

 

白玉団子は冷凍保存できる?

食品の保存といえば、ほとんどのものが冷凍保存ができますね。

もしかして白玉団子も冷凍保存できるの?

 

そうなんです!

白玉団子も冷凍保存すれば3か月くらいもちますよ。

ただし、多少風味が落ちるのは仕方がないですけどね。

 

でも、せっかく作った白玉団子を捨ててしまうよりは少しでもおいしく食べられるなら、冷凍保存したほうがいいですよね。

 

 

冷凍保存するときは、余った白玉団子を金属バットなどにラップを敷いて、そこにくっつかないように白玉団子を乗せ、上からまたラップをして冷凍庫で急速冷凍するのがポイントです。

これで、食感を生かすことができます。

 

金属バットはないよ・・・というおうちでも、「できるだけ早く冷凍する」ということを考えれば大丈夫です。

スポンサーリンク

完全に固まったら、ジッパーパックなどに入れて保存しましょう。

 

 

冷凍するときに団子を一個ずつラップに包むという人もいますが、大きめの団子ならまだしも、小さい団子を一個ずつ包むのは大変ですよね。

 

確かに一個ずつ包んだほうが風味が失われにくいので、おいしさを保つことができるかもしれませんが、大変であれば先に紹介したように冷凍しても大丈夫です。

 

 

解凍するときには?

 

・自然解凍

・加熱する

 

二通りあります。

 

自然解凍もいいですが、できればもう一度さっと茹でるほうが安心ですね。

 

 

豆腐白玉って知ってますか?

白玉団子を作るときに豆腐を混ぜて作るという方法があるんですね。

 

これでどんなメリットがあるのか?

まず、カロリーダウンできてダイエットしてるときでもおいしく食べられる。

もう一つは、もちもちした食感が長続きする、というメリットがあります。

 

豆腐白玉団子を冷凍保存したあと、解凍して食べたときにもこのもちもち感があり、柔らかくおいしく食べられるので、最初から豆腐を入れて白玉団子を作るといいかもしれませんね。

 

豆腐は絹ごしがおススメです。

白玉粉と絹ごし豆腐は1:1の割合で混ぜて作ります。

水加減は調節してくださいね。

 

作ってすぐ食べる場合にも、豆腐白玉団子は柔らかくてもちもちしておいしいんです。

多くの人がすでに作ってますから、まだの人はぜひ試してみてくださいね。

 

 

白玉団子をおいしく食べる

 白玉団子を使ったメニューはどんなものがあるでしょうか?

 

主食というよりはおやつ感覚で食べるものがほとんどですが、おしるこ、ぜんざい、あんみつ、白玉団子を甘いタレにつけてみたらし団子にもできますし、あんこをつけてお団子にしてもいいですね。

 

簡単にきなこなどを付けて食べるだけでもおいしくいただけます。

 

また、白玉団子を作るときに、水の代わりに、牛乳や豆乳を使った甘酒で作る白玉団子もおいしいんだとか。

 

白玉団子自体を工夫する

もしくは、つけるタレやソースを工夫してみる、トッピングや付け合わせを工夫してみる、といった方法もあります。

 

工夫次第ではおいしいスイーツができそうですよ。

ぜひ、自分なりのレシピを考えて見てくださいね!

 

 

まとめ

 白玉団子も残ったら冷凍保存すればいいことがわかりました。

なので、作りすぎちゃっても大丈夫!

 

かといって、あまり長い間冷凍庫に放置しておくと確実に味は落ちるので、1か月、長くても3か月以内には食べきりたいですね。

 

たくさん作ってしまったというときには、お友達を招待して白玉団子パーティーなんていうのもいいかも。

おいしいレシピがそこで生まれるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニンニクを調理した後の手についた臭いを落とす方法と予防法

ニンニクを調理した後の手についた臭いを落とす方法と予防法

ニンニクは香りづけや、アクセントとして料理に使う事が多い食材です。     すりおろしたり、みじん切りにして調味料と一緒に混ぜ込んで、タレなどを作るという事もよくあることですよね。 スポンサ …

かき氷で頭キーン!冷たいものを食べて起きる頭痛を抑える方法

かき氷で頭キーン!冷たいものを食べて起きる頭痛を抑える方法

スポンサーリンク   冷たく冷えたかき氷、暑さゆえについつい一気に食べてしまうことがありますよね。 かき氷だけではなく、つめたーい氷入りのジュースなども一気に飲み干すなんてこともしばしば。 …

焼いた魚がパサパサになってしまう理由とふっくら焼き上げるコツ

焼いた魚がパサパサになってしまう理由とふっくら焼き上げるコツ

スポンサーリンク   魚を焼いて食べたらなんだか身がパサパサして美味しくない…。 そんな経験はありませんか? ちょっとしたコツを掴めば、魚は美味しく焼くことができるんですよ♪ 今回は「焼いた …

脂が乗って美味しいサンマの見分け方をご紹介

脂が乗って美味しいサンマの見分け方をご紹介

スポンサーリンク   秋の味覚の代表格である「サンマ」。 せっかくだからサンマを買うときも、新鮮で脂が乗っているものを選びたいですよね。 そんなときに知っていると便利な「見分け方のコツ」をご …

片栗粉のとろみが時間が経つと消えてしまうのはなぜ?対処法はある?

片栗粉のとろみが時間が経つと消えてしまうのはなぜ?対処法はある?

  スポンサーリンク   片栗粉を使って中華料理などにとろみを付けることがありますよね。 しかし時間が経つと、このとろみが消えて少し水っぽくなることも…。   どうしてと …