日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

スーパーのししゃもは実は偽物?本物のししゃもとの見分け方は?

投稿日:

            

みなさんは、「ししゃも」をよく食べますか?

安くて食べやすい、とても便利な魚ですよね。

 

ですが、私たちがししゃもと呼んでいる魚は、実は偽物だったのです。

何を言っているかわからず、驚いている方も多いことでしょう。

 

今回の記事では、本物と偽物のししゃもとその見分け方をご紹介します。

いったいどういうことなのか、是非最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

本物のシシャモとは一体?

本来のししゃもは、キュウリウオ目キュウリウオ科シシャモ属の魚です。

回遊魚(移動する魚)で、産卵の時期になると川を遡上します。

鮭と同じですね。

 

本物のシシャモが獲れる場所は、北海道の太平洋沿岸の一部のみです。

勇払郡むかわ町が産地として有名で、同町の町魚に指定されています。

 

シシャモの名前の由来

ししゃもは、漢字で「柳葉魚」と書きます。

 

スス(柳)、ハム(葉)というアイヌ語からきているそうです。

アイヌには、ししゃもについての伝説が複数あります。

神様が柳の葉を魚に変えた、という類のものが多いようです。

アイヌにとって、ししゃもは神様と深い関係がある食べ物だったのですね。

 

 

偽物のシシャモとは

偽物のししゃもとされている魚は、「キュウリウオ」や「カラフトシシャモ」です。

 

カラフトシシャモは、英名で「カペリン」と言います。

本物のししゃもの数が減ってしまったため、代用されるようになりました。

 

キュウリウオは、キュウリウオ目キュウリウオ科キュウリウオ属

カラフトシシャモは、キュウリウオ目キュウリウオ科カラフトシシャモ属

という分類になります。

 

スーパーなどで販売されているししゃものほとんどは、カラフトシシャモです。

今度、原材料名を確認してみましょう。

 

カラフトシシャモは、北東・北西大西洋や北太平洋で獲れます。

オホーツク海まで回遊してくることもあるようです。

ししゃもと違い、川を遡上することはありません。

 

ししゃもとカラフトシシャモの見分け方

では、見分け方を確認していきましょう。

 

◎原産地を見る

一番簡単な見分け方です。

先述の通り、本物のししゃもは北海道の一部でしか獲れません。

一方、カラフトシシャモは外国産のものが多いです。

 

◎値段を見る

カラフトシシャモは、1パック数百円で買えます。

スポンサーリンク

それに比べて、ししゃもは1パック数千円と、なかなかお高い。

 

カラフトシシャモの漁獲量は、1年間で約200万トンにもなります。

しかし、ししゃもは多くても2000トン程度しか獲れません。

だから、値段に大きな差があるのです。

 

ししゃもの漁獲量が少ないのには、

・獲れる場所が限られている

・乱獲によって数が減少したため、保護目的で漁獲量が制限されるようになった

といった理由があります。

 

現在では、カラフトシシャモも乱獲にともなう漁獲制限が行われているようです。

 

◎旬の時期の違い

カラフトシシャモは、年中流通しています。

一方、ししゃもの旬は10月から11月と短いです。

本物のししゃもを食べたいなら旬は見逃せないですね。

旬が短いのも、漁獲量が少ない理由の1つと言えるかもしれません。

 

◎見た目

目や口の大きさなどにも違いはありますが、素人にはちょっとわかりにくいですね。

なので、判断しやすそうな部分を取り上げます。

 

・体型

 ししゃもはふっくら、カラフトシシャモは細いです。

 

・うろこ

 ししゃもは大きいですが、カラフトシシャモは小さく数が多いです。

 

・色

 どちらもベースは銀色です。

 ししゃもは、少し赤みや黄色みが見られます。

 カラフトシシャモは、青っぽい銀色です。

 また、ししゃもは産卵期に全身が黒ずみますが、カラフトシシャモは変わりません。

 

 

◎味の違い

ししゃもの味は濃厚です。

特にオスの味が濃く、身が引き締まっています。

一方、カラフトシシャモはあっさりした味です。 

 

ちなみに、ししゃものメスは短い旬の中でも味が違います。

脂が乗っている身を食べるなら旬の前半、卵を味わいたいなら後半です。

真ん中の時期はあっさりしています。

カラフトシシャモには、時期による味の変化はありません。

 

 

「子持ちししゃも」なのにオス?

「子持ちししゃも(オス)」という不思議な表記を見かけることがあります。

ミスかと思うかもしれませんが、そうではありません。

 

実は、オスのししゃもに売り物にならないメスの卵を注入しているのです。

なぜそんなことをするかというと、ししゃも=子持ちのイメージがあるからです。

 

別の魚の卵ではありませんし、オスであることも書かれているので、詐欺ではないですが…ちょっと変な感じですね^^;

 

 

さいごに

本物のししゃもの貴重さや美味しさを聞くと、食べたくなってきますね。

手に入れるのは難しいですが、通販で購入できることもあります。

少し奮発して、普段食べているししゃもとの味を比べてみても良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マシュマロを溶かす方法は?溶かし方別オススメのアレンジ法もご紹介

マシュマロを溶かす方法は?溶かし方別オススメのアレンジメニューもご紹介

スポンサーリンク   お菓子作りやホットドリンクに入れたりと、便利で美味しい溶かしマシュマロ。 「温めたら柔らかくなるのかな」というイメージはなんとなくあるかと思いますが、ではどうやったら溶 …

ハヤシライスとハッシュドビーフとビーフストロガノフの違いは?

ハヤシライスとハッシュドビーフとビーフストロガノフの違いは?

スポンサーリンク 家庭の食卓によくでてくるのがハヤシライス。 カレーに続いて、簡単に作れて、ワンディッシュメニューでもあるので、何かと便利です。 そして、似たようなハッシュドビーフだとか、ビーフストロ …

ところてんにめんつゆって変?酢醤油以外の味付け

ところてんにめんつゆって変なの?酢醤油以外の食べ方が全国には溢れている!

ところてんといえば、酢醤油が良く似合います。 さっぱりしているので、暑い夏には食べやすいですよね。 スポンサーリンク   ところが、友達がところてんにめんつゆをかけて食べているのを発見! え …

お弁当の保冷剤ってどこに挟むのが効果的?水滴の対策はある?

お弁当の保冷剤ってどこに挟むのが効果的?水滴の対策はある?

毎日のように子供たちや旦那様のためにお弁当を作っているというお母さん、本当にお疲れ様です! スポンサーリンク   栄養や見た目、ボリュームなど色々考えて作った愛情たっぷりのお弁当は子供たちも毎日楽しみ …

ホットプレートの溝にこびりついてしまった油汚れの落とし方

ホットプレートの溝にこびりついてしまった油汚れの洗い方は?

             ホットプレートを持っているお宅は多いと思います。 スポンサーリンク 焼肉や餃子など用途が広く、大人数での食事の際に便利なアイテムです。 数種類のプレートを使えるタイプもありま …