日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

ライフハック

衣服に付いた食べ物の油染みをクリーニングに出さずに落とすにはどうすればいい?

投稿日:

衣服に付いた油のシミをクリーニングに出さずに落とすにはどうすればいい?

食事中や料理中に、油が衣服に飛んでしまうことがあります。

油は落ちにくそうなイメージがあるので、憂鬱な気持ちになりますよね。

 

面倒な汚れを落としたいとき、思いつく方法はクリーニングに出すことです。

ですが、クリーニングに出せばその分時間もお金もかかります。

 

可能なら、自分で落としたいと思う方も多いはずです。

普段クリーニングに出すことがない衣服であれば、なおさらそう思いますよね。

 

そこで今回は、衣服についた油のシミを自力で落とす方法をご紹介します。

是非参考にして、適切に対処できるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シミには3種類ある

 

シミは、3種類に分かれます。

まずは、どんなシミがあるのか見ていきましょう。

 

≪水溶性≫

水に溶けるタイプのシミです。

コーヒー、紅茶、ジュース、しょうゆ、水性インクなどがあります。

 

≪油溶性≫

油に溶けるタイプのシミです。

バター、カレー、チョコレート、口紅、ファンデーション、ボールペンなどがあります。

 

≪不溶性≫

水にも油にも溶けない、落としにくいタイプのシミです。

泥、墨汁、金属のサビなどがあります。

どれも落としにくくて困るシミの代表格ですね。

 

今回のテーマである油のシミは、「油溶性」のシミです。

 

油のシミができたときの応急処置方法

 

次は、油のシミに対する応急処置方法を確認します。

外出中など、すぐに洗濯できないときは応急処置が大切です。

応急処置をするかしないかで、そのあとの汚れの落ちやすさが変わります。

 

1. 乾いたティッシュを当てて、油を吸い取る(あぶらとり紙でも可)

2. シミの裏側に、ティッシュかハンカチを当てる

3. 別のティッシュかハンカチを濡らし、ハンドソープや石鹸をつける

4. 3.でシミの外側から内側に向かって叩く

5. 濡らしたティッシュで、残ったハンドソープや石鹸を取り除くように押さえる

6. 乾いたティッシュで押さえて水分を取る

 

応急処置のときに特に意識するのが、

・こすらず、叩いて拭き取る

・外側から内側に叩く

スポンサーリンク

の2つです。

これらを守らないと、シミが広がってしまうかもしれないので気をつけましょう。

 

油のシミを落とす方法

 

では、シミを落とす方法をご紹介します。

どの方法でも、ぬるま湯やお湯を使うのがポイントです。

 

◎台所用洗剤を使う

 

どの家にもある、台所用洗剤を使います。

手順は以下の通りです。

 

1.衣服をぬるま湯に浸ける

2.シミに洗剤をつける

 ※ぬるま湯に浸けずに、裏にタオルを敷いて洗剤をつける方法でも良い

3.歯ブラシを当てて、汚れを掻き出すように細かく動かす

 このとき、汚れが広がったり生地を傷めたりしないように注意する

 ※タオルを敷く方法の場合、歯ブラシでシミの外側から内側に向かって叩く

4.水かぬるま湯ですすぐ

5.いつも通りに洗濯する

 

軽い油シミなら、この方法で落ちます。

 

◎クレンジングオイルを使う

意外ですが、クレンジングオイルを使う方法です。

最初に確認しましたが、口紅やファンデーションは油溶性に分類されます。

そのため、クレンジングオイルでも油シミを落とせるのです。

手順は、洗剤を使った方法に似ています。

 

1.シミの裏にタオルを敷く

2.クレンジングオイルをつける

3.歯ブラシで叩く

4.ぬるま湯で、もみ洗いしながらすすぐ

5.いつも通りに洗濯する

 

この方法は、洗剤で落とせないときに試してください。

衣服が乾いた状態で行うことを覚えておきましょう。

 

◎浸け置きする

酸素系漂白剤で浸け置きする方法です。

酸素系漂白剤には、粉末タイプと液体タイプがあります。

粉末タイプは、液体タイプより漂白力が強いです。 

洗濯だけではなく、掃除や食器洗いにも使えます。

しかし、ウールや絹の洗濯には使えません。

液体タイプは洗濯に使われ、ウールや絹も洗えます。

粉末タイプよりポピュラーと言えますね。

 

それでは、浸け置きの方法です。

粉末タイプは、お湯に溶かして使います。

液体タイプもお湯に入れますが、洗濯用の洗剤を一緒に入れると効果的です。

漂白剤は、お湯の方が力を発揮します。

熱湯である必要はありませんが、40℃はあると良いですね。

浸け置きの時間は、数十分から数時間です。

汚れの落ちが悪ければ、浸け置き時間を延長しましょう。

あとは、普通に洗濯すれば綺麗になります。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

油のシミは、家にあるものを使って意外と簡単に落とせます。

わざわざ道具を買いに行かなくていいのは嬉しいですよね。

もし気に入っている衣服を汚してしまっても、焦る必要はありません。

今回ご紹介した方法を試して、少し時間をかけながら丁寧に落としていきましょう。

スポンサーリンク

-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ケチャップとマスタードを二つ折りにしてプチっとやって出すアレ(ディスペンパック)からどちらか片方だけ出す方法

  コンビニなどでフランクフルトを買うと、マスタードとケチャップが入っていて二つ折りにして押したら出てくる・・・アレ。 スポンサーリンク その名は「ディスペンパック」です。   便 …

土鍋の底が焦げちゃった…どうすればきれいに落とせる?

土鍋の底が焦げちゃった…どうすればきれいに落とせる?

スポンサーリンク   寒くなってくると恋しくなるのが鍋料理ですが、お鍋をするときに使う土鍋は白っぽい色のものが多いですよね。   そんな土鍋をうっかり焦がしてしまうと焦げ付きが目立 …

柔軟剤を入れるタイミングはいつが正解?間違えると香らなくなっちゃうかも?

柔軟剤を入れるタイミングはいつが正解?間違えると香らなくなっちゃうかも?

              スポンサーリンク 衣類を柔らかくしてくれる柔軟剤。 香りをつける、臭いや菌の発生を防ぐなどの効果もあります。   良いところばかりの柔軟剤ですが、入れるタイミング …

炊飯器の蓋が開かない場合に試してほしい対処法と予防策

炊飯器の蓋が開かない場合に試してほしい対処法と予防策

              病気や食物アレルギー以外で、ご飯を全く食べないという人はいないと思います。   そういう点で、炊飯器は生活に欠かせない家電の上位に入るのではないでしょうか。 &n …

浮き輪に使う空気入れがない時の簡単で手早く空気を入れる方法

浮き輪に使う空気入れがない時の簡単で手早く空気を入れる方法

夏といえばプールや海ですよね! 子供たちは夏休みに、海やプールに行くのを楽しみにしているのではないでしょうか。 暑い日に入るプールや、川、海って最高ですよね!   そして、プールや海をたっぷ …