日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

ライフハック

使い捨てカイロの安全で適切な捨て方は?まだ熱があっても大丈夫?

投稿日:2019年9月13日 更新日:

             

 

秋や冬になると活躍するのが、使い捨てカイロです。

 

 

持ち歩けてさまざまな場所で手軽に暖をとれる、便利なアイテムですよね。

毎年使っているという方も多いはずです。

 

 

でも、正しい捨て方は何だろうと気になったことはありませんか?

 

 

特に気になるのは、まだ温かい使い捨てカイロを捨てるときです。

もしかしたら火事につながるのではと心配になりますよね。

 

 

そこで今回は、使い捨てカイロの捨て方についてご紹介します。

さっそく確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

使い捨てカイロの仕組み

まずは、使い捨てカイロの仕組みを知るところからです。

 

 

使い捨てカイロは、「鉄粉の酸化」を利用して熱を発生させています。

 

 

私たちは、日常の中で鉄が錆びるのをよく目にしますね。

鉄は、錆びるとき(酸化するとき)に熱を持ちます。

その性質を使い捨てカイロに取り入れているというわけです。

 

 

使い捨てカイロの中には、鉄粉の他にも入っているものがあります。

成分は以下の通りです。

 

 

・水と塩類…鉄粉の酸化を促進します。

・活性炭…空気をたくさん取り込みます。

・バーミキュライト…高い保水力を持つ鉱物の一種で、カイロ内の水を外に出さないために入れられています。

 

 

身近な化学反応を利用していたとは、少し驚きですね。

 

使い捨てカイロの捨て方

続いて、使い捨てカイロの処分方法を見ていきましょう。

 

◎分別方法は自治体によって違う

使い捨てカイロには鉄粉が使われていますが、当然のことですが金属です。

 

 

また、他の成分も含まれていますので、分別方法に迷いますよね。

 

 

実のところ、使い捨てカイロの分別方法には、一概にこれというものはありません。

 

 

自治体によって、燃えるゴミと燃えないゴミのどちらで扱うか違うからです。

 

 

使い捨てカイロの袋にも、各自治体の区分に従うよう書かれています。

 

 

自分で確認し、それぞれの自治体のルールを守って捨てましょう。

 

 

◎熱を持ったままのカイロを捨てるとどうなるのか

一番気になるところですね。熱いまま捨てると発火するという噂もあるようです。

スポンサーリンク

 

 

結論から言うと、火事になることはほぼありません。

 

 

先ほどご説明したように、使い捨てカイロの発熱には水が関係しています。

 

 

そのため、ゴミの水分に触れて発火すると心配されるようになったのです。

 

 

ですが、使い捨てカイロは温度や時間などをきちんと考えて作られています。

 

 

ですから、安心してもらって大丈夫です。

 

 

もし心配なら、熱さのピークを過ぎるまで待つか完全に冷めてから捨ててください。

 

 

◎未使用のカイロの処理

使用期限が過ぎてしまった使い捨てカイロはどうしていますか?

 

 

捨てる方もいるでしょうが、期限が過ぎたからといって使えないわけではありません。

 

 

使用期限とは、「表示時間まで保温できる期限」のことです。

 

 

袋に、「持続時間12時間」などと書いてありますね。

これは、「使用期限内は12時間温かさが持続する」ということです。

 

 

期限が過ぎた使い捨てカイロでも、持続時間が気にならなければ使えます。

 

 

捨てたい場合は、面倒ですが一度発熱させて冷ましてから捨てましょう。

 

 

発火の可能性は低いといっても、その方が安心です。

 

 

使用済み使い捨てカイロの活用方法

毎日のように使い捨てカイロを使っていると、使用済みのものがたくさん出ます。

 

 

実は、使用済みの使い捨てカイロでも活用方法があるのです。

 

 

◎消臭剤として使う

使い捨てカイロの中には、活性炭が入っています。

 

 

活性炭からできた消臭剤が売られているのを見たことがありますよね。

 

 

市販のものには劣りますが、使用済みの使い捨てカイロにも消臭効果が期待できます。

 

 

女性だと脱いだブーツに一晩入れておくとよいです。

 

 

靴箱の消臭剤としても使えます。

 

 

◎除湿剤として使う

使用済みの使い捨てカイロは、除湿剤として使うこともできます。

 

 

使い捨てカイロの水以外の成分には、湿気を取り除く効果があるのです。

 

 

靴箱や、他に湿気がたまりやすいところに置いておくとよいでしょう。

 

 

まとめ

使い捨てカイロの捨て方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 

今回の一番のポイントは、

「熱を持ったままの使い捨てカイロを捨てても火事にはつながらない」

ということでした。

 

 

このことがわかって安心したという方も多いと思います。

 

 

また、使用済みでも活用できることに驚いた方もいたのではないでしょうか?

 

 

どうせ大量に使うなら、捨てる前に少しでも再利用できた方が嬉しいですよね。

 

 

是非、上手に活用してみてください。

今回の記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日曜日でも入籍はできる?提出場所や必要場所類や注意することは?

日曜日でも入籍はできる?提出場所や必要場所類や注意することは?

スポンサーリンク   入籍する日は、二人の記念日にしたいと思う方も多いですよね。   一生の記念になる日ですから、絶対にこの日に入籍したいという日が日曜日のこともあります。 &nb …

襟の汚れ落とし

衣替えの時に白シャツの襟が黄ばんでしまっている原因と落とす方法

スポンサーリンク 冬が終わり、そろそろ春物を出さないとねえ~と衣替えをしているときに、白いシャツの襟部分にうっすら黄ばみを発見! とってもショックですよね。 白いシャツだけに黄ばみが目立つし、しまう時 …

スカートの正しいハンガーへのかけ方は?型崩れしにくい方法はこれ!

スカートの正しいハンガーへのかけ方は?型崩れしにくい方法はこれ!

スポンサーリンク おしゃれな女性なら、様々なタイプのスカートをたくさん持っていますよね。 スカートはしわにならないようにしまう時はハンガーにかける方がいいですよね。   しかし、普通のハンガ …

炊飯器の蓋が開かない場合に試してほしい対処法と予防策

炊飯器の蓋が開かない場合に試してほしい対処法と予防策

              病気や食物アレルギー以外で、ご飯を全く食べないという人はいないと思います。   そういう点で、炊飯器は生活に欠かせない家電の上位に入るのではないでしょうか。 &n …

図書館から借りた本をなくしたら弁償になる?どうすればいい?

  図書館は、子供からお年寄りまで、世代を問わず誰でも自由に利用できる施設です。 学校には必ずあるので、利用したことがないという人はいないと思います。   静かで、小説や専門書、図 …