日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

かき氷で頭キーン!冷たいものを食べて起きる頭痛を抑える方法

投稿日:

かき氷で頭キーン!冷たいものを食べて起きる頭痛を抑える方法

 

冷たく冷えたかき氷、暑さゆえについつい一気に食べてしまうことがありますよね。

かき氷だけではなく、つめたーい氷入りのジュースなども一気に飲み干すなんてこともしばしば。

 

そんなときに、あ、来た来た、「キーン」というあの頭痛、なんていう経験も多くの人がしているはずです。

 

あれって何なのでしょう?

頭痛だし、心配だなあ。

これって痛くならない方法ってないのかなあ?

 

今回は、そんな疑問や心配を解消していきます!

スポンサーリンク

かき氷を食べた時のあの頭痛の正体は?

 

かき氷などの冷たいものを食べた時に「キーン」と痛くなる頭痛。

あの頭痛の正体はいったい何なのでしょう?

 

あの頭痛は、ただの自然現象?生理現象みたいなもの?

実は医学的にもちゃんとした名称があったのです。

 

国際頭痛分類第3版によると、「冷たいものの摂取または冷気吸息による頭痛」という名称がついているのです。

 

そしてまたの名を「アイスクリーム頭痛」とも言います。

なるほど。

この頭痛も医学的には解明されているということなんですね。

 

では、この頭痛が起こるしくみをさらに見ていきましょう。

 

 

頭痛が起こるしくみ

 

冷たいものを食べるとどうして頭痛が起きるようになるのでしょうか?

この頭痛の原因は二つあると考えられています。

 

一つ目は脳が誤解して起きるものです。

 

私たちの体にはあらゆるところに神経が張り巡らされていますよね。

その中の喉の奥にある三叉神経という神経が誤作動を起こすようです。

 

喉が突然冷たい刺激をうけたときに、脳の感覚野というところで痛みを認識するようになります。

 

ただ、口の中から感覚野に至る神経は、前頭部からの神経と経路が重なっていて、時々誤作動を起こすようなのです。

 

つまり、口の中で冷たい!という刺激をうけたのに、それを脳では痛みとして受け止めてしまうということがおきるんですね。

 

結局、脳がどこの刺激を受けたのかわからなくなり、こめかみや前頭部の痛みと勘違いして「頭痛」となって表れるのです。

 

もう一つの原因は「血管の炎症」です。

 

急激に冷えた口の中は反射的に温めようと血流が多くなります。

その血流が急激に増えるので、頭の中を通る血管も拡張し、一時的に炎症を起こすことになります。

それによって頭痛が起きると考えられているのです。

スポンサーリンク

 

 

頭痛が起きたときの対処法

 

おいしくかき氷を食べているときに、頭がキーンと痛くなるのはつらいものですよね。

もちろん長く続くわけではないのですが、その瞬間は長く感じてしまいます。

また、突然のことなので、慌ててしまうのも正直なところです。

 

でも、慌てる必要はありません。

頭痛は長くても5分くらいでも落ち着くものですし、対処法を知って上手に対処すれば気分的にも落ち着いてくるはずです。

 

ではどうしたらいいのでしょう?

かき氷を食べてキーンと頭痛が来た時の対処法としては二通りがあります。

 

一つは冷やす方法。

もう一つは温める方法です。

なんとも対照的ですね。

 

まずは冷やす方から、見てみましょう。

カンタンです。

食べているかき氷の器やそばにある冷たいものを、おでこや首筋、またはこめかみなどにあてて冷やします。

 

もう一つは温めるほうですが、こちらも簡単。

熱いお茶などを飲むなんていう方法もありますが、キーンと痛くなってるときに、熱いお茶を準備してる余裕もありませんよね。

とりあえず、舌を口の中の上あご部分にあてて、温めてください。

これならすぐにできますね。

そのうえで、温かい飲み物があれば飲むと良いでしょう。

口の中を温めてあげることで、頭痛を解消することができますよ。

 

 

かき氷を食べても頭痛がしないようにするには

 

せっかくおいしいかき氷を食べているのにキーンという頭痛がしてしまうと、気分台無しになってしまいますよね。

 

頭痛を避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

これも簡単にできることです。

「ゆっくり食べる」

これに限ります!

 

もちろん、暑い中、冷たいかき氷を見ると口いっぱいにほおばりたくなるのはわかります。

でも暑い中、冷たいものを急激に食べるとよけいこの頭痛が起きやすいので、要注意なのです。

暑ければ暑いほど、ゆっくりと食べるように気をつけましょう。

 

冷たいものを急に食べるのは胃腸の負担にもなるので、ゆっくりと口の中で溶かすようにして食べると良いですよ。

 

また、もう一つの方法としては、かき氷を食べる前に、口の中を冷やしておくという方法もあります。

 

冷たい飲み物を飲んで口の中の温度を下げておくと、刺激が和らぐので、頭痛も予防できます。

 

 

まとめ

 

冷たいものを急激に食べた時に起きるあの頭痛は、誰にでも起きるものですが、できれば避けたいのが正直なところですね。

 

医学的にも認められている症状ですし、心配することはない頭痛ですが、おいしいかき氷は気分よく食べたいもの。

 

対処法と予防法を知っていれば、その頭痛も避けることができますし、頭痛が起きても落ち着いて対処することができますね。

 

ぜひ、試してみてください!

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏でもお弁当に果物を入れたい!気をつけることって何かあるの?

夏でもお弁当に果物を入れたい!気をつけることって何かあるの?

お弁当にデザートが入っていると、それだけでもうれしくなりますよね。     果物をデザートとしてお弁当に入れているという人もとても多いです。     スポンサーリンク 水分が多いの …

手作りジャムを作ったけど瓶がない場合の保管方法

手作りジャムを作ったけど瓶がない場合の保管方法

スポンサーリンク   「ジャムを作ったあとで保存するための瓶がなかったことに気がついてしまった…!」 うっかりしていて保存容器のことまで考えてなかった…という場合、瓶以外での保管方法ってどん …

たい焼きと大判焼きと今川焼の違いは形だけ?材料は同じなの?

たい焼きと大判焼きと今川焼の違いは形だけ?材料は同じなの?

スポンサーリンク 寒い季節になると店頭で焼きながら売っているあのたい焼き、今川焼きがおいしそうに見えて、つい買ってしまうってこともありますよね。   ところで、たい焼き、今川焼き、大判焼きな …

バナナとミカンの食べ合わせが悪いと言われるのはどうして?

バナナとミカンの食べ合わせが悪いと言われるのはどうして?

スポンサーリンク   朝食に、デザートに。いろいろなシーンで食べる機会も多いくだもの。   ひとつのものだけを食べるときも勿論あるのですが、ケーキやヨーグルトなど、複数のくだものを …

ラムネの中のビー玉

ラムネ瓶の中のビー玉を取り出す方法は?割らなくてもイケるかもよ?!

スポンサーリンク 暑い夏には冷たいラムネが飲みたくなります。 ラムネ瓶の中にはビー玉が入ってるのはご存じの通りです。   ところで、このビー玉、上手に取り出すことができますか? 瓶を割ったら …