日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

バターを泡立て器で練ろうとすると詰まってしまう!上手に練るには?

投稿日:

バターを泡立て器で練ろうとすると詰まってしまう!上手に練るには?

お菓子やケーキを作る時に、バターを泡立て器で練るという工程がありますよね。

何でもないようなことですが、このバターを練るときにストレスを受けることがあります。

あなたも経験者ではないでしょうか。

 

それはバターが泡立て器の中に入りこんでしまうという事態が起こることです。

 

バターをクリーム状にしたいわけですが、泡立て器で練っても練っても、バターが泡立て器の中に入ってしまって、それを出すのも一苦労。

なによりめんどくさい!っていう気持ちが強くなってきます。

 

それゆえにお菓子作りなんて面倒なものって思ってしまう人もいますよね。

 

こんなとき、どうしたらいいのでしょう?

解決策はあります!

さっそく見ていきましょう。

 

とにかく根気よく混ぜる

 

バターを泡立て器で混ぜていると、泡立て器の中にバターが入ってきて詰まってしまうことがあります。

解決策として、まず挙げられるのは、根気よく混ぜ続けるということです。

 

ボウルの中にはまだバターも残っているでしょうし、そのバターも合わせてながら混ぜ続けると中のバターもとれてくるのです。

 

この根気がなくて、放棄してしまう人が多いんですよね。

放棄したくなる気持ちもよくわかります。

そしてフォークや箸などを使って泡立て器の中からバターを取り出そうとするわけですが、

もちろんそれでもいいのですが、混ぜ続けてみると出てくるので、試してみてくださいね。

 

早くしたいから、フォークなどで取り出すというのも良いでしょうし、ボウルの淵でトントンと泡立て器でたたきながら出しても良いでしょう。

 

まずはヘラで練ってから泡立て器を使う

 

でも、根気よく練り続けるってけっこう大変ですよね。

そこで、バターを先にゴムベラや木のヘラで練って少し柔らかくしてから、泡立て器で練っているという人もけっこういるんですよ。

道具を上手に利用しようということですね。

 

ただ、全部の工程をヘラでやってしまうと、バターの中に空気が入りにくくなり、逆に空気を押し出してしまうので、バターの中に空気を入れたい時には不向きです。

 

真ん中に穴が開いている木のヘラを使ってるという人もいます。

そういう方法もよいですね。

 

また、使う泡立て器は、筋が多いものや、頭が小さいものはバターを練るのに向いていません。

筋が多いと中に入ったバターも出てきにくくなりますね。

スポンサーリンク

泡立て器も選んで使うということも一つのポイントになりますね。

 

あらかじめバターを柔らかくしておく

 

多くのレシピを見ると、バターは室温で戻しておくと書いてありますよね。

これはバターを柔らかくして作業しやすくするためなのです。

 

泡立て器を使ってバターを練るときにもやはりバターは室温で柔らかくしておくと、ずっとやりやすくなりますよ。

 

暑い季節なら、室温で30分もおいておけば、柔らかくなってきますが、冬の寒い時期だと2~3時間かかってしまうこともあります。

 

うっかり出し忘れてたってこともよくありますから、そういうときにバターを柔らかくする方法をお伝えしましょう。

 

まずは、レンジでチン!

ただし、レンジで温めるときには、量にもよりますが、5秒くらいにしましょう。

1㎝くらいの厚さに切ったバターをレンジで温めると時短になります。

 

そして気を付けたいのは「溶けたバターは元に戻らない」ということです。

完全に溶けてしまったバターは溶かしたバターを使う料理に使わなければなりません。

 

バターをマヨネーズくらいの柔らかさにするというのは、溶かしてしまってからではできないんですよね。

 

なので温めすぎに注意しないといけないんです。

 

少しずつ様子をみながら5秒ずつ足していくくらいがちょうどよいでしょう。

 

バターを柔らかくする二番目の方法としては、ステンレスのボウルにいれたバターを火のそばで練るという方法です。

 

ステンレスだと熱が伝わりやすいので、ステンレスのボウルを使うのが良いでしょう。

ただしこのときも、決して直火にかけてはいけません。

溶けてしまいます。

あくまでも火のそばでということです。

 

そして三つ目の方法です。

バターをラップで包み、エプロンのポケットに入れてしまいます。

体温で温まってほどよく柔らかくなります。

 

砂糖も一緒に混ぜてしまう

 

バターを練りやすくするために、砂糖も入れるレシピであれば、砂糖も一緒に混ぜて練ってみましょう。

砂糖を入れることでバターが柔らかくなりやすく、練りやすくなるからです。

 

多くのお菓子は砂糖を入れますから、分量の砂糖とバターを先にヘラで混ぜてから泡立て器で練るという方法でもよさそうですね。

 

 

まとめ

 

お菓子作りは生地を作るのも、焼き加減などを見るのもデリケートな部分があって難しく感じてしまいます。

でもコツさえつかんでしまえば、おいしいクッキーやケーキを作って楽しみ、かつおいしく食べることができるんですよね。

 

バターを泡立て器で練るのも一苦労な工程ですが、ちょっとしたコツで楽になることもわかりました。

紹介した方法の中でもできそうなものから、ぜひ試してみてください。

おいしいお菓子作りを応援してます!

 

 

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

絹さやの下処理方法と簡単に筋取りできる裏ワザで長期保存しよ♪

絹さやの下処理方法と簡単に筋取りできる裏ワザで長期保存しよ♪

絹さやがスーパーに並ぶようになると、春が来たなあと感じますよね。   絹さやと言えば、シャキシャキの食感と、ほんのりとした甘みがなんともクセになる野菜です。 スポンサーリンク   絹さやはビタミンCが …

ガムを飲み込むデメリットはある?消化の問題や人体に及ぼす影響

ガムを飲み込むデメリットはある?消化の問題や人体に及ぼす影響

ガムをずっと噛み続けていると、つい飲み込んでしまうということもありますよね。 スポンサーリンク   ガムは、飲み込んではいけないとよく言われるので、飲み込んでしまうと急に不安になってしまいま …

栗にトゲトゲがあるのはなぜ?実は種で皮は実だったという新事実!

栗にトゲトゲがあるのはなぜ?実は種で皮は実だったという新事実!

              おいしい食べ物がたくさんある秋。その中の1つに栗がありますね。   栗ごはん、栗おこわ、栗きんとん、栗鹿の子、モンブラン…。 スポンサーリンク   栗を …

魚の焼き加減がわからない…ちゃんと焼けたか見極めるポイントはココ

魚の焼き加減がわからない…ちゃんと焼けたか見極めるポイントはココ

スポンサーリンク   魚料理の中で王道なのが「焼き魚」。 香ばしくて美味しく仕上がった魚をおかずにすれば、ご飯も進みます。 しかし、パッと見では中まできちんと焼けたか分からない、ということは …

かぼちゃは腐るとどうなる?食べられるかどうかの判断はどこで決まる?

かぼちゃは腐るとどうなる?食べられるかどうかの判断はどこで決まる?

  かぼちゃは煮物やてんぷらにしたり、お菓子にしたりと使い勝手もいいことから、安いとつい大量貝をしてしまいます。 スポンサーリンク   野菜嫌いの子供でも、かぼちゃなら食べられると …