日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

夏でもお弁当に果物を入れたい!気をつけることって何かあるの?

投稿日:

お弁当にデザートが入っていると、それだけでもうれしくなりますよね。

 

 
果物をデザートとしてお弁当に入れているという人もとても多いです。

 

 

水分が多いので食欲が落ちる暑い時期には、果物は食べやすい食材なので、お弁当の量を減らしてたっぷりの果物を持っていきたいなという人もいるかもしれません。

 

 

ただ、果物を暑い夏のお弁当に入れるのは少し心配がありますよね。

 

 
果物は加熱しているわけではないので、もし、傷んでしまったらどうしよう、傷んでいるのに気づかず食べてお腹を壊してしまったら・・・
もしかしたら食中毒なんてこともあるかもしれません。

 

 

夏場でも安心して果物をお弁当で持っていく方法ってあるんでしょうか?

 

 
お弁当に果物を入れるときに気を付けることや、お弁当におすすめの果物などを紹介いたします!

 

 

スポンサーリンク

夏のお弁当に入れない方が良いNG果物って一体なに?

 

 

 果物って傷みやすいイメージがあるという人も多いんですが、実は生野菜に比べると、腐りにくい食べ物ではあるんです。

 

 
ただ、気温がとても高くなる夏のお弁当に入れるという時には、いくら腐りにくい食べ物だとはいっても注意が必要です。

 

 

果物の種類によって、傷みやすいものと傷みにくいものがあるんです。

 

 
水分が多いものは、雑菌が繁殖しやすいので避けた方が良いですね。

 

 
水分が多い果物は、イチゴやキウイ、スイカなどです。

 

 
スイカというと、夏に美味しい果物なのでついお弁当に入れたくなってしまうんですが、傷みやすいのでお弁当には入れないようにしましょう。

 

 

ただ水分量が多くても、痛みにくい果物もあるんです。

 

 
それは、オレンジやグレープフルーツ、みかんなどの柑橘系の果物です。

 

 
なぜかというと、柑橘系の果物は酸味が強いため傷みにくいと言われているんですよ。

 

 

夏のお弁当に果物を入れるときに痛まない方法が知りたい!

 

 

 ・フルーツを冷凍してしまえば安心

 

夏のお弁当に果物を入れるときには、そのままの状態で入れるのではなく、冷凍してから入れるのがお勧めです!

 

 
前日の夜のうちに、食べやすいサイズにカットしておいて冷凍庫へ入れておきます。

 

 

朝、冷凍庫から取り出してそのまま容器に入れて持っていきます。

スポンサーリンク

 

 
お昼、お弁当を食べるころにはほどよく冷えており美味しい状態で果物を楽しむことができますよ。

 

 
果物によっては、冷凍すると味が落ちてしまうものがあります。

 

 
冷凍しても美味しい果物はこういったものがあります!

 

・パイナップル
・メロン
・ブドウ
・オレンジ
・グレープフルーツ
・ライチ
・ブルーベリー

などです。

 

 

これらの果物は、1度冷凍して解凍をしてもほとんど味に変化がないので美味しく食べることができるんです。

 

 
ブドウやパイナップル、ブルーベリーなどは、冷凍果物としてスーパーなどで売っているので、そういったものを買っておくのもいいですね。

 

 

・おかずと果物は別々にする

 

冷凍した果物を入れるときに注意が必要なのが、おかずと一緒に入れないようにすることです。

 

 
解凍していく段階で水分が出てしまうので、おかずにその水分がついてしまい、おかずの味が落ちてしまったり、痛む原因となってしまいます。

 

 
かならず別の容器に入れるようにしてくださいね。

 

 

冷凍した果物は、保冷剤代わりにもなりますよ!

 

 

・除菌をこころがける

 

そして、お弁当を作る時と同じで果物を詰めるときにも衛生面には注意してくださいね。

 

 

必ず手を洗ってから食材を触るようにする。

 

 
お弁当箱だけではなく、切るときに使う包丁やまな板もしっかりと清潔なものを使います。

 

 
食材についたり、口に入れても大丈夫なアルコールスプレーなども販売されているので、そういったものを使うのがお勧めですよ。

 

 

まとめ

夏場にお弁当を持っていくときには、果物を持っていく時はもちろん、果物が無いという時にも必ず保冷バッグに入れていくようにしましょう。

 

 
夏は気温が30度以上になる日が多く、どうしてもお弁当などが傷みやすくなってしまいます。

 

 

そして、凍った果物を入れた容器はお弁当箱の上に置くようにします。

 

 
冷気が上から下へ流れるので、うまくお弁当を冷やしてくれるんですよ。

 

 

お弁当の保冷に関しては、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

そして、どれだけ気をつけててももしかしたら痛んでしまうという事もあるかもしれません。

 

 

食べる前や、一口食べた時に何かいつもと違う味がする、変な臭いがすると感じたらすぐに食べるのを止めるようにしましょう。

 

 
見た目が変わっていなくても、痛んでいる可能性があります。

 

 

夏場にお弁当を持っていくときには、作る前、作る時、保存時、食べるときまで注意してくださいね!

スポンサーリンク

-料理・食べ物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

湿気たおせんべいを冷蔵庫を使って元通りのパリパリに戻す方法

湿気たおせんべいを冷蔵庫を使って元通りのパリパリに戻す方法

パリっという音、歯ごたえがたまらないおせんべい。     でも、一袋全部食べるには多すぎて・・ということも多いですよね。     袋を開けて、また今度食べようと保管してお …

カレイの臭みを取る下処理のやり方をマスターして煮つけを絶品に仕上げよう

カレイの臭みを取る下処理のやり方をマスターして煮つけを絶品に仕上げよう

  カレイの煮つけを作ってみたけれど、なんか生臭いということはありませんか。 スポンサーリンク   カレイの煮つけはちょっとした工夫で絶品に仕上げることができます。   …

スコーンを作ってみたけど腹割れしない…原因は何?

スコーンを作ってみたけど腹割れしない…原因は何?

スポンサーリンク   アフタヌーンティーやおやつにピッタリのスコーン。 本場では高く膨らみ、側面が腹割れてしているものが、美味しいスコーンの条件とされているそうです。 ですが、この「腹割れ」 …

脂が乗って美味しいサンマの見分け方をご紹介

脂が乗って美味しいサンマの見分け方をご紹介

スポンサーリンク   秋の味覚の代表格である「サンマ」。 せっかくだからサンマを買うときも、新鮮で脂が乗っているものを選びたいですよね。 そんなときに知っていると便利な「見分け方のコツ」をご …

大根のあのにおいの元は何?どうすれば上手に消して調理できる?

大根のあのにおいの元は何?どうすれば上手に消して調理できる?

              スポンサーリンク   冬は、大根がおいしい季節です。 食卓に上がる機会も増えますよね。 ですが、特に生で食べるときに、においを感じたことはありませんか? 今回は、 …