日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

ウインナー、ソーセージ、フランクフルトの違いや茶、白など色の違いは何?

投稿日:

 

ウインナー、ソーセージなんてよく聞く言葉ですし、よく使う言葉でもありますね。

 

 

でも、ウインナーとソーセージの違いって、はっきり知ってますか?

 

 

フランクフルトなんていう言葉もありますね。

 

 

さらには、白いソーセージだとか茶色とか色までついてくるので、ますます混乱してしまうこともあります。

 

 

使ってはいるけれど、なんとなく使ってるところもあるので、この違いをはっきりさせてみようと思います。

 

 

この違いが分かることで、よりおいしく食べられ、おいしく調理できるかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク

ウインナー・ソーセージ・フランクフルトの違いとは?

 

まずは、ウインナー。

でも、ウインナーって単独で使うよりは、ウインナーソーセージって言う方が多いと思いませんか?

 

 

そうなんです。
ウインナーというのはソーセージの中の一種なのです。

 

 

それでは、ソーセージって何?ってことになりますが、ソーセージというのは、「腸詰め」のことなんですよね。

 

 

塩漬けされたお肉を挽いて、香辛料で味付け、それを腸に詰めたものを、乾燥させたり、燻製にしたりしてできるのがソーセージなのです。

 

 

このソーセージには、

ウインナーソーセージ
フランクフルトソーセージ
ボロニアソーセージ

などがあります。

 

 

一言でソーセージといっても種類があるのですね。

 

 

一番よく耳にするのが、ウインナーソーセージですが、これは、羊の腸に肉を詰めたもので、太さは20ミリ未満と決まっています。

 

 

羊の腸だったり、または人工のものを使ったものもあります。

 

 

私たちが良く食べるウインナーソーセージって、小さいっていうイメージがありますが、まさにそれなんですね。

 

 

ではフランクフルトソーセージはどうでしょう?
フランクフルトというのはドイツの地名ですが、この名前はそこに由来しています。

 

 

こちらは豚の腸が使われていて、太さは20ミリから36ミリまでのものです。

 

ウインナーソーセージよりも大きいものですね。

 

 

そしてボロニアソーセージというのは、あまり耳にしない人も多いかもしれませんが、これは牛の超が使われているものです。

 

太さはさらに太くて36ミリ以上のものです。

 

 

一般の家庭ではなかなか見られないかもしれませんね。

 

 

ソーセージといえばドイツ?

 

ソーセージといえば、ドイツが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
ソーセージの本場といえばドイツでしょうね。

 

 

ビールのおつまみにソーセージという風景はよく見るものです。

 

 

日本でいうソーセージというのは、ドイツでは「ヴルスト」と呼ばれるものです。

スポンサーリンク

 

 

また、ドイツのソーセージには、

加熱ソーセージ
ドライソーセージ
調理ソーセージ

といった種類があります。

 

 

加熱ソーセージは私たちが良く食べるもので、ゆでたり焼いたりして食べるものです。

 

 

ドライソーセージはメットヴルストと呼ばれるもので、パンに塗って食べるもの。

 

パンに塗るというと想像がつかないかもしれませんが、ある人は「ネギトロ」という言葉で表現していました。

 

 

ネギトロにも見えるかもしれませんね。

 

固形のソーセージではなく、パンに塗れるタイプのソーセージもあるんです。

 

 

そして調理ソーセージはレバーや豚の血で作ったものを指します。

 

これはあまり日持ちしないものです。

 

 

こうしてドイツのソーセージは日本では見られない形でも食べられているのです。

 

 

ソーセージの白や茶色など色の違いは?

 

ソーセージといえば、だいたい茶色のソーセージを思い浮かべますが、中には白ソーセージと呼ばれる、白いものもあるんですね。

その違いはなんでしょう?

 

 

ドイツ語ではヴァイスヴルストと呼ばれるこの白いソーセージですが、ドイツのバイエルン地方の郷土料理なのだそうです。

 

 

仔牛のひき肉、豚肉をベースにしていて、そこにハーブやレモンで味付けします。

 

白ソーセージと呼ばれるのは、白っぽい色だからですね。

 

よく見かける茶色ではないのです。

 

 

これは午前中にしか食べられないという話があるほど、新鮮な材料を用いて作られるものなので、朝作られたものは、正午までに食べるという風習があるのです。

 

 

この白ソーセージは食べ方もちょっと違います。

 

 

ドイツのレストランなどに行って、この白ソーセージを注文すると、冷めないようにゆで汁に入った状態で出てくるのです。

 

 

そして付け合わせのプレッツェルと一緒に食べるようになります。

 

 

また、この白ソーセージは茶色のソーセージとはちがい、皮は食べません。

 

 

白ソーセージを取り出して、ナイフを入れ、皮に裂け目をいれて、つるんと皮をむくのです。

 

 

中身は柔らかく、味もまろやかですし、甘い風味のマスタードがよく似合います。

 

この白ソーセージに、ビールもまたよく似合いますので、午前中からビールというのもドイツではよくみられる光景なのでしょう。

 

 

まとめ

 

日本ではよくみられる赤いウインナーソーセージがありますね。

 

あれは、日本で生まれた日本独自のものなので、当たり前ですが、ドイツにはありません。

 

 

魚肉ソーセージも日本人は好きですが、これもまた日本が独自に開発したものなのです。

 

 

ドイツから渡って来た、ソーセージですが、日本でも日本人になじみやすいように、アレンジされているということなのですね。

 

 

でも本場のソーセージもおいしいものです。

 

本格派ソーセージも日本で多くみられるようになりましたので、ビールのお供に、ごはんのおかずに、おいしく食べてみたいですね。

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

そうめんを冷水で洗う理由は?おいしくなる茹で方と盛付けアイデア

そうめんを冷水で洗う理由は?おいしくなる茹で方と盛付けアイデア

    暑くなってくると食べたくなるのが冷たい麺類ですよね。 スポンサーリンク     特にそうめんはあっさりしていて食べやすく、夏の定番の食べ物です。 &nb …

プチトマトをお弁当に入れる時にヘタを取るのはなぜ?傷んだものは?

プチトマトをお弁当に入れる時にヘタを取るのはなぜ?傷んだものは?

  スポンサーリンク   お弁当を作る時に、食中毒を起こさないように気を配るのは大事な事ですね。   プチトマトはお弁当の中に入れると彩りがパッと華やかになるだけでなく、 …

おでんは腐るとどうなる?味や見た目の違いと正しい保存方法

おでんは腐るとどうなる?味や見た目の違いと正しい保存方法

      冬になるとおでんをたくさん作るという家庭も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク   おでんは、体が温まり、簡単に作ることができるので、私もつ …

シュトーレンってどんな味?伝統的な食べ方やまわりの砂糖の意味は?

シュトーレンってどんな味?伝統的な食べ方やまわりの砂糖の意味は?

スポンサーリンク   クリスマス前にパン屋さんなどに並ぶシュトーレンは、どーん!と大きく、お値段もちょっと高めです。   「どうやって食べるのか分からない…」 「高いから買うのをた …

わらびのあく抜きに掃除用の重曹を使ってしまった!食べられるの?

わらびのあく抜きに掃除用の重曹を使ってしまった!食べられるの?

わらびのあく抜きをして、ふと重曹を見ると、掃除用の重曹だった! これってもう食べられないの?と失敗したことはありませんか。 または、わらびのあく抜きをしたいけど、重曹が掃除用のものしかないという場合も …