日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

パルスイート、ラカントS、マービーを比較した違いは?ダイエット向きなのは?

投稿日:2019年8月18日 更新日:

 

ダイエットは女性の永遠のテーマですね。

いつでも女性は痩せたいと思っています。

しかし、できることならしんどいことをしなくても楽して痩せることはできないかなと思いますよね。

ダイエットでは糖質を抑えることが大事です。

 

最近は、砂糖を置き換えるだけで、糖質を抑えることができる甘味料がいろいろと販売されています。

 

これなら、いつもの砂糖を置き換えるだけなので簡単に痩せることができますね。

 

今回は人気の甘味料、パルスイート、ラカント、マービーを比較し、違いやダイエット向きなのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

砂糖・パルスイート・ラカントSの栄養成分は?

 

まず最初に砂糖・パルスイート・ラカントS・マービーの栄養成分と特徴をまとめました。

 

砂糖(100gあたり)の栄養成分と特徴

*栄養成分

カロリー 384Kcal
タンパク質 0g
糖質 99.3g
食物繊維 0g

 *特徴

一口に砂糖と言っても、黒砂糖、三温糖、角砂糖、グラニュー糖などなど、さまざまなものがあります。

ここでは、私たちに一番なじみのある「上白糖」の特徴をご紹介します。

 

上白糖は、砂糖の中でも結晶の粒子が細かい「車糖」に分類されます。

ちなみに、粒子が大きくてサラサラした砂糖は「ザラメ糖」に分類されます。

 

上白糖は、糖質以外の栄養はほぼない代わりにクセもなく、飲み物から食べ物まで、また食べ物でもスイーツから煮物までオールマイティに活躍してくれる万能調味料ですね。

 

スーパーで特売だと1キロ袋が100円程度で買えてしまうほど安価なのも大きな魅力です。

 

パルスイート(100gあたり)の栄養成分と特徴

*栄養成分

カロリー 約141Kcal
タンパク質 2.1g
糖質 95g
食物繊維 3.2g

 

*特徴

パルスィートは、主にアミノ酸からできた甘味料「アスパルテーム」からできた人工甘味料です。

 

少ない量で砂糖と同じ甘さになり、カロリーは90%カットされています。

砂糖の3分の1の量で砂糖と同じ甘さを感じることができるので、カロリーはありますが砂糖よりもぐっとカロリーを抑えることができます。

 

パルスィートには糖質がありますが、体内で吸収されないので、実質糖質はゼロになり、糖質制限中のダイエットにも向いています。

ただし、パルスィートを料理に使う時には注意が必要です。

熱や酸に弱く、甘みが飛んで苦みを感じる場合もあります。

 

ジャムや煮つけに使うとツヤが出ない場合があります。

また、あっさりした甘さなので、使いすぎにも注意してください。

パルスィートは、人によっては副作用がでる可能性があります。

その一つは下痢です。

ガムなどを食べすぎると下痢になる可能性がありますが、同じ原理のようです。

 

ほかには、パルスィートに含まれるアスパルテームの危険性です。

アスパルテームは、肝機能や脳に影響を与える可能性があると言われています。

 

個人差はありますが、副作用のある可能性のあるものは、さけたいと思ってしまいますね。

しかし、スティック型は飲み物などに入れるには手軽に使えるので、ダイエット中はスティック型のパルスィートを持ち歩いているという人もいるようです。

価格は、120gで500円前後です。

 

ラカント(100gあたり)の栄養成分と特徴

*栄養成分

カロリー 0Kcal
タンパク質 0.2g
糖質 99.8g
食物繊維 0g

 

*特徴

ラカントはウリ科の羅漢果(ラカンカ)とトウモロコシが発酵する過程でできた天然甘味成分の「エリストリール」からできています。

 

このエリストリールは厚生省のエネルギー評価法により、唯一カロリーがゼロの食品として認定されています。

 

砂糖と同じ甘味を感じるので、砂糖と同じように使うことができます。

 

熱や酸にも強く、味が変化しにくいです。

ただし、独特の後味があるので最初は少量で試してみてください。

ラカントは糖質は99.8gとなっていますが、全く体内に吸収されずにそのまま尿や便として排出されます。

そのため、血糖値の上昇を押せることができ、糖尿病の患者さんや糖質コントロール中でも食べることができます。

 

ラカントは天然成分でできているので、下痢などの副作用の心配はありません。

 

人工甘味料にいいイメージのない方には、おすすめの甘味料です。価格は200gで700円前後です。

 

マービーの栄養成分と特徴

*栄養成分

カロリー 200Kcal
タンパク質 0g
糖質 99.3g
食物繊維 0g

 

*特徴

マービーは、トウモロコシとジャガイモのでんぷんから作られた、還元麦芽糖100%の医療用天然甘味料です。

還元麦芽糖は、体内でインスリンの分泌を促しません。

 

還元麦芽糖は小腸ではほとんど吸収されず、ほとんどが炭酸ガスと水に分解されます。

そのため脂肪になりにくく血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

マービーは、医療現場では糖尿病の治療に使われています。

そんなマービーのカロリーは、砂糖の半分で甘味は砂糖の約80%です。

 

熱や酸に強いので、調理しても味が変化することがありません。

使い方によっては甘味が足りないと感じることもありますが、マービーのカロリーはゼロではないので使いすぎに注意が必要です。

価格は、300gで800円前後です。

マービーは天然成分でできているため、目立った副作用はありません。

長年医療現場で愛用されていることも安心ですね。

 

 

パルスイート・ラカント・マービー比較まとめ

 

ここまで、砂糖の代わりに使うことができるパルスィート・ラカント・マービーを比較してみました。

ダイエットで使うとなると、安全性、味、価格、やせるのかがポイントですよね。

安全性の面では、パルスィートの副作用が気になるので、やはり天然成分を使った甘味料のラカント、マービーが安心ですね。

味に関してはパルスイートは熱や酸に弱く、味が変化する可能性があります。

飲み物に使うのにはいいのですが、毎日の料理に砂糖の代わりとして使うには不安です。

ラカントは、熱や酸には強いのですが、独特の後味があります。

 

その点、マービーは、熱や酸にも強く、砂糖に似た優しい味です。

加熱調理をすると焦げにくく、ツヤが出やすいようです。

毎日料理に使うなら、マービーがおすすめです。

 

価格は、どれも砂糖より値段は高めとなっています。

価格が気になる方は、すべてを甘味料に変えるのではなく、ピンポイントに使用してもいいかもしれませんね。

やせるのかに関しては、3商品ともカロリーは低く、糖質は体外に排出されます。

そのため砂糖を使わず、甘味料に置き換えると理論上では痩せると言えますね。

 

 

ダイエットに向いているのは?

3つの商品を総合的にみると、ダイエットに向いているのは、ラカントではないでしょうか。

 

ラカントは3つの商品の中で唯一カロリーがゼロです。

後味にくせはあるようですが、料理に使うこともできます。

100%天然成分でできており、副作用の心配もありません。

 

ダイエットに使うなら、毎日口にする食品ですので安全性も高く、カロリーゼロのラカントをおすすめします。

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

片栗粉と小麦粉とコーンスターチ、とろみをつけたい時の使い分け方は?

片栗粉と小麦粉とコーンスターチ、とろみをつけたい時の使い分け方は?

スポンサーリンク   片栗粉、小麦粉、コーンスターチ。 この3つの粉はどれも見た目は同じように見えますし、お料理やお菓子作りなどに活躍する粉なので、どれもおんなじじゃない?って思ってしまうこ …

パウンドケーキが膨らまない場合に考えられる原因は何?

パウンドケーキが膨らまない場合に考えられる原因は何?

スポンサーリンク お菓子やケーキを手作りしたことありますか? 初めて作ったけど失敗したってことも多くあると思います。   失敗を経験しながら、次回はさらにおいしいものが作れるので、落ち込む必 …

ぎゅうにゅうぱっくをケーキ型の代わりに使いたいけど…オーブンで焼いても大丈夫?注意点はある?

牛乳パックをケーキ型の代わりに使いたいけど…オーブンで焼いても大丈夫?注意点はある?

スポンサーリンク   パウンドケーキやブラウニーなどを焼こうと思ったときに、型がなくて困ったことありませんか?   あるものを探したら、牛乳パックが見つかった。 ちょうどよさそうだ …

砂糖が気づくと固まってカチカチに…サラサラに戻す方法と予防策

砂糖が気づくと固まってカチカチに…サラサラに戻す方法と予防策

  料理をしていて、砂糖を入れなきゃ!っと砂糖が入った容器を手にしてみたら 固まってた・・・   え~~い、めんどくさい!と思ったことはありませんか?   私なんてしょっ …

小豆をいくら煮ても硬い…原因と煮崩れせず柔らかくおいしく煮る方法

小豆をいくら煮ても硬い…原因と煮崩れせず柔らかくおいしく煮る方法

スポンサーリンク   小豆を煮てお赤飯に入れたり、お汁粉やぜんざい、あんみつなどのスイーツに使ったりしますが、買ってきたあんこもいいけど自分で小豆からコトコト煮て使ったほうが健康的にもいいで …