日常にさり気なく彩りを

日常に彩りを添えるような役立つ情報をまとめています

料理・食べ物

カレーが腐るのは冬でも起こる?傷んだカレーはどうやって判断する?

投稿日:

お子さんから年配の方まで、誰もが好きなメニューのひとつがカレーですね。

 

料理初心者でもカレーなら作れるという人も多いでしょうし、手軽に作れるメニュー、作り置きできるメニューとしても愛されていますね。

 

 

作り置きしておいて何日も食べたり、作った日よりも次の日に食べるカレーがおいしいなんていう話も良く聞きますよね。

 

 

ところで、このカレーですが、保存方法を間違えるといたんでしまいます。

寒い冬でも傷みやすいので気を付けたいものです。

 

 

傷んだカレーの判断の仕方、保存の仕方など、気を付けたい点をまとめました。

 

スポンサーリンク

カレーが傷みやすい原因

おいしいカレーですが、傷みやすいのには理由があります。

 

カレーを作ったときに、ウェルシュ菌というのが入りこみます。

カレーの中に入る肉や魚介類に潜む菌なのですが、カレーを作った時にこの菌も一緒に潜んでいるんですね。

 

 

ただ、この菌は、熱に強いという性質を持っています。

そしてもう一つ、空気を嫌います。

 

 

カレーやシチューなどは鍋の中でドロッとしていて、鍋の底のあたりなどは空気がありません。

しかも冷めにくいので、熱い状態が長続きします。

これほどウェルシュ菌の好きな環境はありません。

 

 

なので、カレーは作ったら保存に気を付けないといけないのです。

 

 

冬でもカレーは傷みやすい

カレーを常温で保存する場合、要するに鍋ごと放置する場合ですね。

 

夏であれば、半日で傷み始めます。

冬は気温も低いし大丈夫だろうと思ってはいけません。

冬でも1日から1日半くらい放置しておくと傷みます。

 

 

ただ、1日放置しておいても、その間に2,3回ほど加熱してかき混ぜたりすると、傷むのを防ぐことはできます。

 

 

加熱したあとはコンロの上に置いておかずに早く冷めるようにしましょう。

コンロの上は予熱に鍋が温まっているので、これも菌の繁殖を促進することになりますね。

 

 

次の日でもおいしいというのは、作ったその日も何度か加熱し、一晩は冷蔵庫で保存してから翌日温めるというのが良さそうです。

 

 

こんなカレーは食べちゃダメ!

うっかり常温で保存してしまい、カレーが腐っちゃったかもしれないと思ったら、確認してみましょう。

 

傷んだかどうかの確認はどうしたらよいのでしょうか。

 

 

見た目でわかるのは、表面に白いものが見えたり白い膜が張っていたり、糸をひいていたりする場合です。

スポンサーリンク

この白いものはカビですから、絶対に食べてはいけません。

 

 

臭いや味はどうでしょう。

酸っぱい臭い、酸っぱい味がしたら、危ないですね。
少量を口に含んで、酸っぱい味がしたらすぐに吐き出しましょう。

 

 

また納豆のような味もアウトです。
残念ですが、このようなカレーは捨てるしかありません。

 

 

カレーの保存方法

せっかく作ったカレーを捨てるのはもったいないものです。

傷みやすいカレーもしっかり保存すれば、おいしく食べられますよ。

ここで保存方法について触れてみましょう。

 

 

常温でどうしても保存しなければならないという場合には、先にも述べたように、1日に2,3度加熱するという方法があります。

 

でも、できれば冷蔵保存したいところです。

 

 

冷蔵庫で保存する場合には、まず、冷めているカレーは加熱します。

加熱した後は、氷水などの入ったボウルなどに鍋をつけてすばやく冷まします。

熱い環境ではウェルシュ菌が繁殖するので、できるだけ早く冷ますのがポイントです。

 

 

粗熱がとれたら、小分けにする容器にいれたりジッパーパックなどに小分けにして冷蔵庫で保存します。

 

冷蔵庫に保存した場合、長くて3日ほど保存可能です。

 

 

そうやって毎日カレーを消費するのは嫌だ、飽きてしまう!

そんなときは、冷凍庫に保存します。

 

 

冷凍保存なら約1か月くらい可能ですから、解凍してカレーとして食べたり、他の料理にアレンジして食べたりすることもできますね。

 

 

鍋に入れたままだと菌の繁殖は避けられない上に、冷めるのに時間がかかるので、さらに繁殖を促進しているようなものですね。

 

 

容器にわけたり、ジッパーパックなどに入れる際に空気にも触れますし、早く冷ますにも小分けにしたほうが早く冷めます。

 

小分けにする際には一人分ずつに小分けにすると、解凍したり温めて食べる際にも便利ですね。

一人でお昼ご飯何にしようかなというときにもカレーが食べられます。

 

 

こうした工夫もまた上手に保存するポイントなのですね。

 

 

まとめ

新米主婦、いや、新米ではなくても主婦ならカレーの作り置きっていうのはよくすることでしょう。

 

作り置きすれば温めて食べるだけなのでラクチンですし、忙しいときには助かりますよね。

 

 

たくさん作っておいても腐らせてしまっては悲しいし、もったいないので、腐らせないようにきちんと保存しましょう。

 

冷凍保存した後には、カレーうどんとか、カレーピラフ、普通のカレー以外にもアレンジすればおいしく食べられるメニューも多々あります。

自分なりのレシピで作ってみるのも良いでしょう。

 

 

保存方法さえ気を付ければ、おいしく食べられるカレーです。

ぜひとも正しい保存方法で、おいしく食べたいですね。

スポンサーリンク

-料理・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バターをマーガリンで代用できる?量は変わるの?味はどう違う?

バターをマーガリンで代用できる?量は変わるの?味はどう違う?

スポンサーリンク 私の家では普段、パンにはバターではなく、マーガリンを塗っています。 マーガリンの方があっさりしていて好きだということもあるのですが、安価なこともあり、家にバターがない、というお家もあ …

漬物がだんだん酸っぱくなってくるのはなぜ?防止するには?

漬物がだんだん酸っぱくなってくるのはなぜ?防止するには?

  本格的なぬか漬けは、なかなか大変そうなイメージがありますが、実はやってみると意外に簡単だったりします。 知人にぬかをもらったので、ぬか漬けをしてみたのですが、なぜか、漬物がすっぱくなって …

水出しの麦茶は危険なの?実は一番気を付けるポイントはここにあった!

夏には冷たく冷やして飲むとおいしい麦茶。 夏が過ぎても冷蔵庫に作り置きしておく家庭も少なくないでしょう。   ところで、煮出し麦茶が多かった昔とは違い、最近では水出し麦茶パックも多く販売され …

ナスを食べたら苦い?!苦味の正体と美味しく食べるための下処理の方法

ナスを食べたら苦い?!苦味の正体と美味しく食べるための下処理の方法

スポンサーリンク   夏の代表的お野菜と言えば、「ナス」。 おいしくいただけるメニューも多いですね。 夏だけではなく、秋にとれる秋茄子もおいしいんです。   ところで、先日、ナス料 …

味噌汁を毎日作るのは面倒・・・そんな時におすすめの作り置き方法

味噌汁を毎日作るのは面倒・・・そんな時におすすめの作り置き方法

お味噌汁って、ほっとするような味でとても癒されますよね。     朝起きてから飲むお味噌汁や、疲れて帰ってきてから飲むお味噌汁・・・     私たちが幼いころから口にしてきた、どん …